今までのゲームと何が違う?業界の革命児デス・ストランディング情報

PlayStation4
スポンサーリンク

2019年11月8日にゲーム業界に新たな風を吹き込む小島秀夫監督最新作デス・ストランディングが発売されるのでこれに関する情報や今まで発売されてきた他のゲームや監督自身の作品とどう違うのか個人的な意見や感想を書いていきたいと思います。

小島監督ファンやゲームで新しい体験がしたい人は要チェックです。



スポンサーリンク

デス・ストランディング基本情報

 

ジャンルアクション(三人称視点)
対応機種PlayStation4
発売、開発元ソニーインタラクティブエンター
テイメント、
コジマプロダクション
発売日2019年11月8日金曜日
商品ラインナップ通常版、スペシャルエィション、コレクターズエディション、
デジタルデラックスエディション、リミテッドエディション

ゲーム紹介動画

『DEATH STRANDING Day-1 GAMEPLAY SESSION Vol.1』PlayStation® presents LIVE SHOW “TGS2019”

ファミ通さんによる小島監督インタビュー

 

デス・ストランディングは他のプレイヤーと間接的なつながりを感じるゲーム

なぜプレイヤーはゲームをするのか

とても根本的な話になりますが、なぜ我々ゲームプレイヤーが高いお金を払ってまでしてゲームをプレイするのかというと、楽しい思いをしたい、感動したいなどプレイヤー自身がいい思いをする、得をするためにプレイするものだと思います。

 

例えば、スーパーマリオで敵を踏みつけて倒しステージをクリアしていくのは面白いし、ドラクエなどのRPGではストーリーやキャラに感情移入して感動でるし、レベルを上げてキャラを強くできます。

このように普通、ゲームをプレイするのは基本、自分自身の為にプレイするもので今までのゲームというのはそういう欲求を叶えてくれるものだったと思います。

 

なんとなく他のプレイヤーの存在を感じるストランドシステム

では、デス・ストランディングはどうかというとプレイヤー自身の欲求を満たす為の従来のゲームの要素だけでなく、オンラインを使い間接的に自分以外、他のプレイヤーに協力する、影響を与えることができる要素を入れたというのが最大の特長です。

 

つまり自分には得にならないことだけど他のプレイヤーにはいいかもという様なことをできるという事です。

厳密に言うと損得勘定抜きにしてプレイヤー同士が互いに影響を与える事になると思います。 

 

具体的に言うと、

デス・ストランディングというゲームは分断したアメリカを再び復活させるため街から街へ荷物を届けたり、カイラル通信という通信網を復旧させるのが目的です。(オープンワールド)

世界は時雨という雨のせいで原初の時代そのような地形になっておりその道中は険しく、テロリストなどの敵も出てきます。

そこでは道なき道なきを進むことになるので崖と崖との間をハシゴを使って渡ったり崖をロープを使って下に降りて行ったりします。

それでその使用したハシゴやロープはプレイヤーがオンラインに接続している状態でさらにゲームの中のカイラル通信を復旧させた範囲のみ他のプレイヤーの設置した物、ハシゴやロープが自分のゲーム画面の中に反映されます。

 

他にも他のプレイヤーが捨てた荷物も拾え、乗り捨てられたバイクを自分の物にすることができます。バイクはカスタマイズでき使用者の履歴も記録されます。

他のプレイヤーの足跡も残っていたりして足跡を追うこともでき、道がない場所も多くの人が通った所は道になったりもします。

また、自分のものを収納できるロッカーを設置できて、自分専用のスペースと他のプレイヤーが使ってもいいスペースと分けることができます。

 

こういう風に他のプレイヤーの物を利用すると「いいね!」が自動で送られ、自分の物が利用されると「いいね!」が送られてきます。「いいね!」はもらっても得に利益にはなりません。

 

あと、キャッチャーという敵と戦っている時、ボタンを押すと現在つながっている他のプレイヤーが現れ話しかけるとアイテムを投げてくれます。(共闘するわけではない)

 

ちなみにゲームをプレイしているとそのうち他のプレイヤーの物で画面がいっぱいになるんじゃないかと思うかもしれませんが心配ご無用でそこはうまくプログラム制御されているうえ時雨により劣化していくようです。

 

これらの様に他のプレイヤーと間接的に影響を与えつながったプレイをストランドシステムと言うそうです。

この間接的というのが特長でWiiUのゼノブレイドクロスでは”ゆるくつながる”というコンセプトで他のプレイヤーのアバターが仲間にできましたが、直接的な関わり合いですし、マリオメーカーの作ったコースをプレイしてもらうのも直接的な関わり合いだと思います。

自分の知っている限りではストランドシステムのような間接的な関わりを持つというゲームは初めてなのでかなり独自性をもったゲームに仕上がっていると思います。

個人的には自分の置いたものが人によっては便利だったり邪魔になったりするところが面白いと思います。

 

中谷遊
中谷遊

それにしてもジャンル分けしにくいゲームだな・・

桂川きるけ
桂川きるけ

小島監督が考えたんだからコジマアクションでいいんじゃない。

中谷遊
中谷遊

体操の技かよ・・!

 

スポンサーリンク

 

今までの小島作品との違い

今までの小島監督の作品は監督の映画好きが影響して濃厚なストーリーの中でステルス等の独自のシステムを使い遊ぶというある程度プレイ方法が決まっていましたが、今回はかなり遊びの幅が広く、プレイヤーによって様々だと思います。

人のためにやたら橋を作る人、落ちている荷物を全て届ける人、敵と交戦したがる人と、様々なようです。

そうなるとストーリー部分が不安という人は多いと思いますが心配の必要はないと思います。

だいたいはこういう自由度の高いゲームだと主人公はアバターになるのですがデス・ストランディングは主人公はサムというキャラ設定がしっかりされているうえ他のキャラも有名俳優が多数キャスティングされているので今までのような映画的な濃厚なストーリーにも期待していいと思います。

小島監督はその辺もちゃんと分かっておられると思います。我々の期待を裏切らない、それが小島秀夫という男です。(笑)



気になる要素をピックアップ

荷物配達のシステム

デス・ストランディングはストランドシステムも特徴的なのですが、この荷物の配達システムも特徴的です。

普通ゲームではゲームの常識として荷物は量、重さに関係なく基本好きに所有し移動できます。

しかし、このデス・ストランディングでは荷物を配達するゲームなので荷物を背負って移動するのですが、物は全て重量が設定されていてさらに重心の要素があるので沢山の荷物や装備を体の部員にうまく分散させバランスを取ってやる必要があります。

面倒な人はボタンひとつで最適化してくれるのでそれを利用するといいと思います。

 

実際配達では歩く時バランスが悪いとヨロつくので操作してうまくバランスを取ってやる必要があります。コケやすい場所もあるので地形にも注意が必要です。あとスタミナの要素もあるので休息も必要になってきます。

さらに靴が壊れる場合もあり裸足で歩いていると出血して爪が剥がれることもあるようです。

 

つまりデスストランディングは、バイクなど便利な乗り物もあるのですが、普通のゲームではただステックを倒すだけで良かった移動という要素にゲーム性を持たせたという事だと思います。

これがデス・ストランディングのもうひとつの特徴だと思います。



敵勢力

敵はサムの荷物を狙うミュール、テロリスト、幽霊的な存在であるBTの3種類存在します

小島監督らしくステルス的なやり方で敵を倒すこともできます。

 

時雨が降っている場所に現れるBTという敵が少し変わっていてBTに捕まるとキャッチャーという敵がいる場所に連れて行かれ戦闘する事になります。負けて食べられるとその場所がクレーターになりますが、ゲームオーバーにはなりません。

敵がいる場所を避ける事で戦闘をしないようにする事もできます。

 

中谷遊
中谷遊

テロリストは相当強いらしい。

シューター系が好きな人は挑むのもいいかも。

 

BB(ブリッジ・ベイビー)

主人公サムはブリッジ・ベイビーという赤ん坊を常に連れながら配達をする事になります。サムはブリッジ・ベイビーがいるおかげBTを感じることができます。

口笛を吹いてコミュニケーションをとることもでき、サムの行動によってブリッジ・ベイビーの機嫌も変わります。

システム的にはそれほど影響のないキャラですがストーリーには深く関わってきそうです。

 

スポンサーリンク

 

商品ラインナップ

通常版 ゲーム本編のみ。ゲームだけしたい人はこれで十分です。

スペシャルエディション デス・ストランディングの音楽が気に入った人はこれを買うといいでしょう。

コレクターズエディション グッズがほしい人はこれでしょう。ねんどろいどという可愛い人形も着いてくるので好きな人はにはいいですね。ちょっと高いですが・・。BBポッドというのが気になります。

デジタルデラックスエディション グッズはいらん、ゲームのアイテムだけ欲しい!という人はこれでしょう。

リミテッドエディション 本体ごと欲しい人はこれですね。ただ本体のデザインは微妙ですが・・。

楽天市場デスストランディング※楽天ブックスはオリジナルポストカード二枚付き

デス・ストランディング 通常版の商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
Yahoo!ショッピング | デス・ストランディング 通常版の商品一覧。お買得な人気商品をランキングやクチコミからも探せます。PayPay残高も使えてお得。

結局、デス・ストランディングは買いか?

言わずもがなで当然買いです。

ゲーム開発費高騰で売れ線でかつシリーズものばかりリリースされる現在こんな革新的で挑戦的なゲームを出してくれる小島監督に感謝あるのみです。

デス・ストランディングは小島監督の考えが届きやすいように小規模人数で開発されたようですが、やはりゲーム業界は昔、スーパーファミコンやPS、PS 2の時代のように小規模でいろんなメーカーがゲーム開発できるように整えたほうがいいんじゃないかと思います。(インディーよりもう少し豪華なやつであそびたい)

 

ただ注意点があってデス・ストランディングはソロプレイも可能ですがこの間接的な繋がりを体験するにはオンライン接続が前提でPlayStationPlus の加入が必要です。

 PlayStationPlus公式

入ってまでプレイする価値のあるゲームだとは思いますが注意が必要です。

 

あと革新的なゲームだけに今までのゲームの常識から外れるのはイヤという人も注意が必要かもしれません。

移動する事自体大変そうですし、腰を据えて挑む事になるんじゃないでしょうか。

 

何にせよ傑作であることは間違いないでしょうし、世界中のサムとの間接的な繋がりをみんなで楽しみましょう!

デス・ストランディング公式

中谷遊

幼少のころからゲームに触れてきた世代で総プレイ本数は500本以上。ファミコン以降のゲームはほぼクリアしていて基本積みゲーはしない派。どんなジャンルもプレイするが特にRPGが好き。30歳から漫画家になるのを目指していたが挫折し、初のブログ運営にチャレンジ中。

ブログで自分の描いた漫画や作ったゲームを発表していくのが目標。

中谷遊をフォローする
PlayStation4 ゲーム情報
スポンサーリンク
遊探偵クラブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました