タクティクスオウガリボーン HD‐2Dリメイクで出ないと思う理由を書く

スポンサーリンク
タクティクスオウガリボーンゲーム
スポンサーリンク

先日スクウェア・エニックスが「Tactics Ogre: Reborn」(タクティクスオウガ リボーン)という商標登録をしタクティクスオウガがリメイクされるのではとゲーム業界で話題になっています。

中でも以前スクウェア・エニックスの社長より「HD‐2Dのゲームを活かすべき」という指示があった事もありHD‐2Dのリメイクが出るのではと期待が持たれているようです。

 

ただ個人的にはあまりタクティクスオウガのHD‐2Dリメイクは望まないし無いのではと思ったので今回はその理由を書きます。

よかったらご一読していただけたらと思います。

 

※あくまで一個人の考えです。

 

スポンサーリンク

タクティクスオウガリボーンはリメイクなのか?

まずそもそもタクティクスオウガリボーンはリメイク作になるのかという話について、「Reborn」再生する、生まれ変わるという意味があるのでタクティクスオウガのリメイク作が出るというのが順当な考え方だと思います。

さらに商標登録すると商標登録した商標を独占的に使用できるのでタクティクスオウガリボーンをなにかしらの商品として出す可能性はかなり高いと思います。

 

タクティクスオウガリボーン HD‐2Dリメイクではないと思う理由

まず第一にすでにタクティカルシミュレーションRPGのゲームは「トライアングルストラテジー」で出ているのでタクティクスオウガのHD‐2Dリメイクを出しても二番煎じ感がありインパクトに欠けるように思います。

リメイクなのでインパクトは売り上げにあまり関係は無いかもしれませんがやはりファンとしては何かしらの驚きは欲しい所。新規ユーザー獲得のためにもインパクトは結構重要に思います。

個人的にはHD‐2Dリメイクの発想の逆を行き、超緻密なドット絵を極めたようなあくまで「絵」であるグラフィックにしてもらった方がタクティクスオウガの中世ヨーロッパ風の世界観に合うと思うし「3Dの時代にこのドット絵!?」とかえってインパクトがあるし驚かれるように思います。

 

次にすでにタクティクスオウガはPSPでリメイクが出ているのでドラクエ3のような大人気作なら再リメイクでもコストのかかりそうなHD‐2Dリメイクは考えられてもタクティクスオウガのようなニッチな人気のゲームだとそこまでコストをかけるかなと思ってしまいます。

人気があることは間違いないしある程度売れるのは約束されているとはいえもう少し予算抑え目でリメイクされるような気が。

どちらかと言うとスマホ向けに誰でも気軽に遊べるようなリメイクになるんじゃないかと予想しています。

 

まとめ

リボーンという再生を意味する単語が含まれているのでタクティクスオウガのリメイクが出るのは間違いないと思います。

どのようなリメイクが出るかというのが注目部分で僕個人の予想としてはHD‐2Dリメイクではなくスマホ向けに誰でも気軽に遊べるようなリメイクになるんじゃないかと思います。

欲を言えば豪華なHD‐2Dリメイクなどの家庭用ゲーム機向けのリメイクを望みますが、手軽に遊べるようにしてもらえるなら何でもありと思っています。



お売りください。駿河屋です。

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ユウナカ屋主

昔のドラクエ、ファイナルファンタジーやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGを遊んで青春時代を過ごしてきたRPG好きのおじさん。へたっぴ漫画描きでもある。

今お気に入りおやつはチョコまみれのカントリーマアム。

ユウナカ屋主をフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
ユウナカ屋主をフォローする
ユウナカ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました