ブレスオブファイア (1)竜の戦士 2使命の子 感想【スイッチオンラインスーパーファミコン配信中】

スポンサーリンク
ブレスオブファイア1、2感想ゲーム
スポンサーリンク

モンハンやバイオハザードなどアクションで有名なゲームメーカー、カプコンが出したRPG、「ブレスオブファイア竜の戦士(Ⅰ)」と 「ブレスオブファイアⅡ使命の子」 の感想を書いていきます。

スーパーファミコン初期から中期頃のゲームということもあって荒い部分もありますがドラクエとは違う独自のシステムもあるので楽しめました。

更に詳細な感想を書いていくのでよければ参考にしていただけたらと思います。

 

※スーパーファミコン実機でプレイした感想です。

※ネタバレ無しです。

 

ジャンルRPG
対応機種スーパーファミコン
スイッチオンラインスーパーファミコン
バーチャルコンソール(WiiU、New3DS)
メーカーカプコン
発売日ブレス オブ ファイア 竜の戦士  1993年4月3日
ブレス オブ ファイアII 使命の子 1994年12月2日
プレイ時間(クリア)のめやすブレス オブ ファイア 竜の戦士 25時間弱
ブレス オブ ファイアII 使命の子 35時間弱
スポンサーリンク

ブレス オブ ファイア 竜の戦士 感想

ドット絵のアニメがすごい、個人アクションがユニーク

ドット絵自体も当時としては美しいのですが、なんといってもドットアニメーションがすごい。

今は3Dの時代だし敵が動くのは当たり前ですがスーパーファミコンのRPGで敵がアニメーションするのは当時としては珍しかったと思います。

僕はスーパーファミコンのRPGの敵キャラのグラフィックはFFやサガのような1枚絵がドンとある感じが好きですが、このブレスオブファイアのようななめらかなドットアニメを見せられるとコチョコチョ動くのも悪くないと思いました。

当時のドット絵師の職人芸を楽しめるゲームだと思います。

 

システム面に関しては「個人アクション」というキャラ各自のアクションが面白いと感じました。

例えば主人公リュウなら釣りができる、仲間のギリアムなら弓でフィールド上の獲物を狩ることができアイテムを手に入れられます。

これも今となっては珍しくないシステムかも知れませんが、キャラを特徴づける事もできるし、純粋に釣りや狩りはミニゲームとしても楽しました。

 

RPGの双璧、ドラクエやFFとは違うものをという心意気でこういったドットアニメーションや個人アクションなどのシステムを入れたのだと思いますが結構成功していると思います。

 

曲に関してもスーパーファミコンのRPGらしい良曲が多く曲数も多いので満足できました。

 

物語、キャラは少し物足りなかった

グラフィックや新しい試みの個人アクションは良かったのですが、物語に関しては個人的にはちょっと物足りない感じ。

RPG、特にスーパーファミコン時代のドット絵のRPGであまり濃厚な物語が展開しても違和感があるだけかもしれませんが面白いことは面白いんだけどなんか普通という感じがしました。

世間ではシリアスよりのファンタジーRPG王道物語という感じで結構評価は良いのですが。

 

キャラにしてもカプコンらしくクセがありほとんどが獣人などの人でないキャラで見た目とシステムの個人アクションとあいまって個性的なのですが、ストリートファイターなど他のカプコンのゲームと比べると見た目ほどの印象が強いキャラはいない感じがしてしまいました。

まぁ、RPGであまりキャラを濃くしすぎてもプレイヤーにとっては邪魔なだけかもしれないしどうとでも取れる感じで正解だとは思いますが、個人的にカプコンのゲームのキャラはアクが強いという勝手なイメージなのでもうちょっと内面も濃い目が良かったです。

 

あと、システム面では昔のゲームらしく移動スピードが遅くてエンカウント率が高いです。

今のプレイヤーの感覚からすると間違いなくイライラすると思います。

さらに戦闘自体も昔のゲームらしく単調な感じです。

スイッチオンラインスーパーファミコンで初めてプレイする人はこの時代のゲームはこんなもんだと割り切ってゲームの歴史を体験する気持ちでプレイするのが吉かと。

 

こうして今思い返してみるとちょっと荒目な部分もありますが、グラフィックやシステムなどカプコンらしさが出たRPG初作にしてはかなり良くできたゲームだと感じました。

 

ブレス オブ ファイアII 使命の子 感想

正統進化したグラフィック、物語に新要素も

前作でもグラフィックのクオリティは高かったですが、2でさらに正当進化。ち密なドット絵が滑らかにアニメーションし見た目がさらに華やかになった感じがします。

今の感覚で見てもドット絵ならではの美しさが感じられるかと。

 

物語に関しては前作は世間の評価は良いものの個人的には普通という感じでそこまで評価は高くなかったですが、2はシリアスな物語が面白く感じました。

一見平和に見える世界に徐々に魔の手が忍び寄るという感じがうまく表現できていてブレスオブファイア2の世界に入り込めたと思います。

前作もシリアスな面がありましたがよりそれが強めになった印象。少し大人向けのストーリーになった感じでしょうか。

僕は大人になってからブレスオブファイア1、2をプレイしたので2の方が面白く感じられたのかもしれません。

 

キャラもキャラの内面の描写が増したので前作よりドラマチックに物語が進む感じ。カプコンらしいアクの強さも感じられました。

ただ反面RPGとしては押し付けられた感というものが出てくるのでキャラ描写のあまりない想像力をフル活用するファミコン時代のRPGが好きな人は合わないかもしれないです。

ブレスオブファイア2物語やキャラ描写が強化されていったスーパーファミコン時代のRPGらしいゲームだと思います。

 

システム面でも個人アクションはそのまま、「共同体」という自分の拠点をつくれる要素が追加されました。

新桃太郎伝説など似たような物がこの時代のRPGでは結構あった気もしますが定番という感じで普通に楽しめました。ミニゲームの釣りも変わらず結構よくできていると思います。

 

相変わらずエンカウント率が高い

移動スピードの遅さとエンカウント率の高さは相変わらずで今のプレイヤーの感覚だと確実にストレスがたまると思います。

スーパーファミコンのゲームはカートリッジ式で高価だったのでプレイ時間を長くして満足感を高めるという意味もあったのだと思いますがさすがにもう少しなんとかならなかったのかという感じ。

その他いろいろ面倒に感じる部分も多くイライラする事も多くなりがちです。

 

僕はこういうスーパーファミコン時代のRPG的な面倒さには慣れているので耐えられますが今のストレスを感じにくくしている現代のゲームに慣れたプレイヤーが遊ぶにはちょっと厳しいかも知れません。

 

まとめ

ブレスオブファイ1、2は僕としてはまずドット絵のアニメーションの凄さがまず印象に残ります。現代の感覚で見ても十分なクオリティじゃないでしょうか。

昔のドット絵職人の技を体感するだけでもこのゲームをする価値があります。

 

物語、キャラに関してはブレスオブファイア(1)はある程度想像の余地を残した感じ、ブレスオブファイア2はスーパーファミコン時代のRPGらしい結構しっかりと物語が語られキャラ描写も濃い目というイメージがしました。

システムにしても個人アクションのような独自性を出していて良いと思います。

音楽のクオリティも高いです。

 

総じてカプコンらしいクセがありながらもファンタジーRPGとして外さないデキの良さで楽しめました。



あべる戦士

昔のドラクエ、ファイナルファンタジーやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGを遊んで青春時代を過ごしてきたRPG好きのおじさん。

受賞、編集付き経験なしのへたっぴ漫画描きでもある。

冬のスイーツといえばやっぱりさつまいも。石焼き芋でも蒸してもおいしいし、便秘解消!

あべる戦士をフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
あべる戦士をフォローする
ユウナカ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました