双界儀のリメイクがワンチャンあると思う2つの理由【PS版感想あり】

スポンサーリンク
双界儀リメイクゲーム
スポンサーリンク

個人的にスクウェア製のゲームでリメイクを出すと光ると思うのがPSで出た和風3Ⅾアクションゲームの「双界儀」。

現代日本を舞台にして陰陽道や五行思想さらに古事記などの要素も取り入れた世界観が魅力のゲームです。

この双界儀のリメイクが出る可能性がワンチャンあると思うので今回はその理由を書きます。

 

PS版双界儀の感想も書くので良ければ合わせて読んでいただけたらと思います。

 

※あくまで一個人の予想です。

※双界儀のネタバレ無しです。

備考:ゲームアーカイブスで配信中。

 

スポンサーリンク

双界儀とは

まず双界儀の主な特徴を箇条書きすると、

  • 1998年5月28日PSスクウェアより発売
  • 和風ファンタジーの3Ⅾアクションアドベンチャーゲーム
  • 大塚明夫氏、子安武人氏などの声優陣によるフルボイスのドラマ
  • 古事記や五行思想、陰陽道などに影響を受けた世界観
  • 五行思想(火・水・木・金・土)をゲームシステムに取り入れている
  • ステージごとにキャラ選択可能(相性のいいキャラを選べる)
  • 神秘的で美しい音楽

というところ。

 

中国の五行思想(火・水・木・金・土)を元にいわば属性のようなものがあって例えば、「金」は「木」に強く「木」は「金」に弱いとゲームシステムに取り入れられています。

グラフィックはPSなのでポリゴンが荒いですが当時としては綺麗な方でした。このローポリゴンのグラフィックで多くのイベントシーンが描かれスタッフの気合が感じられます。

 

双界儀がリメイクされる可能性はワンチャンあると思う2つの理由

なぜ今さら双界儀がリメイクされる可能性がワンチャンあると思うのかその理由2つとは、

  1. 東洋的な世界観は海外ユーザーにも興味を持ってもらえる
  2. 初代PS時代アクションゲームの操作は方向キーでしていたので今のアナログスティック操作になると化ける可能性がある

となります。

 

何といっても双界儀独特の日本、というか東洋的な世界観というのはユーザーの興味を引くという意味で大きいです。この東洋の神秘を体現したかのような双界儀の世界観は海外の人たちに好まれると思います。

海外の方々はニンジャやサムライが好きですが、五行思想、陰陽道などにも興味を持ってくれるんじゃないでしょうか。

今の時代ゲームメーカーは海外ユーザーを強く意識してゲームを作っているので海外受けのいい題材というのはリメイクされる可能性を高めてくれると思います。

 

九字を切る日本的世界観のFPS「ゴーストワイヤートーキョー」なんかもPS5やPCで出るしやはり東洋的世界観は海外に受け入れられるという目算がゲームメーカー側にもあると思います。となると、双界儀リメイクというのも期待できます。

 

もう一つ、双界儀は初代PSでリリースされたので3Ⅾアクションながら方向キー(十字キーのようなもの)でプレイしなくてはならずこれがかなり操作し辛かったです。

特に方向転換は難しく結構もたつき全体的に動きにキレがないです。さらにロックオン機能もないし爽快なアクションというのは期待できません。

システム的にも結構難しいというか飲み込みにくいし操作性、システムの二重苦となるとさすがに厳しいです。

 

そこでアナログスティック操作に最適化したものに見直しその他複雑な操作、システムを分かりやすくしブラッシュアップしていけば3Ⅾアクションゲームとして大化けすると思います。

爽快なアクションゲームとして大きくゲーム性が向上すればリメイクする価値もあるし評価もされるので結果売り上げにもつながります。リメイクの可能性も期待できると思います。

 

双界儀的日本ファンタジーの爽快アクションとなれば日本、海外の両ユーザーにも受け入れられる可能性は十分にあるし現在スクウェア・エニックスは過去の自社タイトルの掘り出しに力を入れているのでこの可能性に気づいていると思います。

他にも魅力的なタイトルがたくさんあるしドラクエのような人気タイトルやスマホのゲームの展開が事業のメインだとは思いますが、双界儀のリメイクという可能性もワンチャンながらあると思います。

 

PS版双界儀 感想

双界儀の五行、陰陽思想を下敷きにした世界観はファンタジーまたはファンタジー+機械というような世界観が常識の当時としては珍しくやはりまずここに興味を引かれました。

スクウェアはPS時代FF7やサガフロンティアなどのような名作からレーシングラグーンのようなキワ物まで幅広く手掛けていたので双界儀もこの時代のスクウェアらしいチャレンジ精神にあふれた作品だと思います。ゲーム制作費の高騰した現代では考えられない時代だったんじゃないでしょうか。

 

その魅力ある世界観やストーリーをPSという事でローポリゴンですがこだわりのあるグラフィックと実力者ぞろいの声優陣、さらに神秘的で魅力ある音楽で楽しめるとプレイ開始直後は思っていましたがやはり悪い操作性が足を引っ張ってしまいました。

キャラを操作できるようになって神秘的なボーカル付きの曲が流れ雰囲気は最高なのですがとにかくキャラが動かしにくかったです。まあ方向キーという縦横斜めくらいしか入力できないボタンで3Ⅾ、360度動かせるキャラを操作するというのにそもそも無理があるしPSコントローラーの仕様上仕方ないです。

結界で敵を封じ倒すというのは雰囲気が出ていて良かったのですが。

 

それでも難しい操作に慣れていくにつれフロムソフトウェアのアーマードコアのような妙な達成感は味わえたとはいえ爽快感というものには基本無縁だと思います。

やはりアナログスティックに対応したリメイクの登場を待つところ。

 

ストーリーやキャラは声優の方々の熱演もあり魅力的だったと思います。五行思想などは日本人でもあまりなじみのないもので飲み込むのに少々難儀しましたが割とオーソドックスな物語を楽しめました。

キャラでいえば真武居直柔の少年漫画の主人公的な直情さに親しみが持てたし、あとは朱童ひふみ役、Gガンダムレイン役などで有名な天野由梨さんの関西弁がツボでした。

京野ことみさんに関してはネガティブな意見が多いようですが僕は全く気になりませんでした。自然な感じがして良かったと思います。

 

音楽に関しては聖剣伝説の菊田裕樹氏が作曲しているのでやはり最高です。この音楽がないと双界儀の世界はおそらく成立しないんじゃないかと。ファーストステージのボーカル付きの曲には最初聞いた時、ぞくっとしました。

 

操作性が悪いのでアクションゲームとしてはいまいちですが世界観や雰囲気はいいので今でも記憶に残るゲームです。

 

まとめ

おさらいすると双界儀がリメイクされる可能性はワンチャンあると思う2つの理由とは、

  1. 東洋的な世界観は海外ユーザーにも興味を持ってもらえる
  2. 初代PS時代アクションゲームの操作は方向キーでしていたので今のアナログスティック操作になると化ける可能性がある

となります。

 

操作性が厳しいこともあり世界観を堪能する雰囲気ゲーというのが分かりやすい評価だと思いますが、スクエニさんも双界儀の魅力には気づいていると思うのでリメイクのチャンスはあると思います。

ゲームアーカイブスで眠らせるには惜しい逸材なので僕としてはただリメイクされることを待つのみです。



お売りください。駿河屋です。

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ユウナカ屋主

昔のドラクエ、ファイナルファンタジーやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGを遊んで青春時代を過ごしてきたRPG好きのおじさん。へたっぴ漫画描きでもある。

今お気に入りおやつはチョコまみれのカントリーマアム。

ユウナカ屋主をフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
ユウナカ屋主をフォローする
ユウナカ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました