ゼノギアス好きはゼノブレイドディフィニティブ・エディションを楽しめるか?【答え:楽しめるが注意点も】

スポンサーリンク
ゲーム
スポンサーリンク

1998年スクウェアから発売されたRPG、「ゼノギアス」に発売当時ドハマリした僕のようなおじさんも(おば・・じゃなくておねえさんもか?)結構多いんじゃないでしょうか?

そしてそれ以降、ゲームから離れていたけど最近コロナの影響などで再びゲームをやる気になりスイッチ買ったという人もいるのでは?

 

そんな人に知ってほしいのがスイッチのリマスター版、「ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション」の存在。

 

ゼノギアスの原作者、高橋哲哉氏がディレクターをつとめたRPGで、ロボットのSF的な世界とファンタジー的な世界が融合しているゼノギアス的な部分があります。

 

ただ、ゼノギアスとゼノブレイドは別々の会社が制作したためゼノギアスが好きだった人はスイッチ版のゼノブレイド ディフィニティブ・エディションを楽しめるのかどうか疑問に思うことも。

そこで今回はゼノギアス好きはゼノブレイド ディフィニティブ・エディションを楽しめるかどうか?について語っていきます。

 

簡単に答えを言うと、もちろん楽しめます。

 

ただシステム的には大きく異なっているのでその点が合わない人にはちょっと厳しいと言える部分も。そのあたりのことも詳しく書いていくので買うかどうか迷っている場合などよければ参考どうぞ。

 

※僕はWii版をクリア済みで、ネタバレはなしです。

 

タイトルゼノブレイド ディフィニティブ・エディション
発売日2020年5月29日
ジャンルRPG
メーカー任天堂(開発モノリスソフト)
ディレクター高橋哲哉
クリアまでのプレイ時間クリアするだけなら50時間ほど
やりこむと100時間以上
補足○Wiiで発売されたゼノブレイドのリマスター版
○キャラデザ変更、ストーリー等追加要素あり
ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション 紹介映像

 

スポンサーリンク

ゼノギアス発売からスイッチリマスター版のゼノブレイド発売までの簡単な経緯

なぜスクウェアからゼノギアスの続編が発売されず、任天堂でゼノギアスの世界観に似たゼノブレイドが発売されたのか疑問に思う人もいるかと思います。

ですので、簡単にディフィニティブ・エディションが出るまでの経緯をまとめました。

 

1998年、ゼノギアスがスクウェアより発売。熱狂的なファンも獲得し90万本ほど売れる。

 

→ディレクターをつとめた高橋哲哉氏は続編の制作をスクウェアに求めるが制作の許可が出ずゼノギアス続編は出せなくなる。

 

→1999年、高橋氏がスクウェアを退社。同年にバンダイナムコゲームスの出資で子会社モノリスソフトを設立。

 

→2002年にゼノギアスに近い世界観を持つSF的なRPGゼノサーガを発売。以降Ⅲまでシリーズ化。

 

→2007年にバンダイナムコゲームスが任天堂に保有株式を80%譲渡しモノリスソフトが任天堂の子会社に。

 

→2010年ゼノブレイド発売。起伏に富んだ広大なマップMMORPG的なコマンド式の戦闘ハイクオリティなストーリー音楽で高評価をうける。

 

→2020年追加要素を多数いれたリマスター版、ゼノブレイド ディフィニティブ・エディションがニンテンドースイッチで発売。

 

※ウィキペディア調べ

と、おおまかに書くとこんな感じです。

 

ゼノギアス好きはゼノブレイド ディフィニティブ・エディションを楽しめるのかストーリー、システムなど項目別に紹介

世界観、ストーリー

ゼノブレイドの世界観、ストーリーはというと、

巨神と機神。

かつて、互いの存亡をかけて戦った二柱の神。

壮絶な戦いの果に、神は骸となり、

やがて生命を支える大地となった

ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション公式サイトより
【Xenoblade Definitive Edition】巨神と機神

と言う感じ。

 

ゼノギアス的なかなり壮大な世界観の設定で、神様の骸が冒険の舞台と独特です。

 

スクウェアと任天堂と会社が違うのでゼノギアスとゼノブレイドに世界観の直接的なつながりは無いですが雰囲気などはゼノギアスとつながるところがあります。

ディレクターの高橋氏も歳を重ねることで考え方や価値観も色々変化しておられるとは思いますが、やっぱり根底に流れる高橋イズムは健在です。

 

ストーリーをもう少し詳細に書くと、

神々の戦いからときは経ち、巨神界で暮らす人々、ホムス族は機神界より侵攻してくる機械生命体の機神兵によって存亡の危機にひんしていた。

人々はかつて機神を倒したとされる神剣モナドによりかろうじて耐え、生きながらえる。

 

それから1年、

ホムス族の暮らすコロニー9に突如、機神兵が襲ってきた。コロニー9に住む少年シュルクはこれに立ち向かう。物語は幕をあげた。

かなり要約するとこんな感じです。

 

ゼノギアスと同じく主人公の暮らす村に敵が攻めてくることによって物語は動き出します。

 

安定した物語の始まりといったところ。ゼノギアス好きもすんなり入っていける導入です。

 

その後の展開も意外性あり、熱いドラマあり、SF要素ありとゼノギアスよりも少年漫画的な部分はありますが楽しめます。

哲学的なゼノギアスが好きだったという人は少年漫画のノリが肌に合わないという可能性もあるのでPVなどでノリを確認したほうがいいでしょう。

 

キャラ

キャラはちょっと大人びた感じのゼノギアスよりゼノブレイドは任天堂の作品らしく少年向きな感じに。

主人公のシュルクも癖のない18歳の少年ですし、ヒロインのフィオルンもゼノギアスのエリィとは違いどちらかといえば活発で素直なタイプです。

人によっては物足りないと感じるかもしれませんが、嫌味のないキャラが多いので好印象です。

でも意外と平均年齢はゼノブレイドのほうが上のよう。

 

渋めのキャラもちゃんといてダンバンという神剣モナドを振るっている英雄も出てくるのでツボは押さえてあります。僕もお気に入りのキャラです。

 

音楽

ゼノギアスの音楽を担当した光田康典氏はゼノブレイドでは曲の一部のみの提供ですが、曲のクオリティはとても高くユーザーからの評判もいいです。

個人的にお気に入りの曲は「敵との対峙」でこの曲を聞くと無条件でテンションが上がります。

 

音楽に関してもゼノギアスの好きなひとにも受け入れてもらる曲になっています。

 

聞いてもらうほうが早いので参考までに。

ゼノブレイド スタジオライブ映像「メインテーマ」

 

システム

ハッキリ言っちゃうとゼノギアス好きの人が難ありと感じてしまう可能性があるのがこのシステム面。

 

ゼノギアスはシステム関連は人とギアの戦闘が別になっているなどなかなか独自路線を行っていて良いのですが、洗練されていないことも確か。

ゼノブレイドのほうがシステム的に精度が高い気もします。

 

どのみちシステムの出来の良し悪しに関わらず、ゼノギアスとゼノブレイドではマップや戦闘などシステム関連が違いすぎるので昔ながらのRPGに慣れて最近のRPG(と言ってもゼノブレイドは2010年発売ですが)から遠かった人は戸惑ってしまう可能性もあります。

次より個別に解説を。

 

マップ

まずゼノブレイドはオープンワールド風、風であってオープンワールドではないですがかなり広大なマップを探索することになります。

 

探索好きの人なら問題ないですが、ゼノギアスは昔ながらの街やダンジョンがシンボル式のワールドマップ方式なので広大なオープンワールド風のマップを移動するのは面倒と感じる人もいるでしょう。

正直僕も美しい風景やユニークな土地など壮大な冒険を楽しみましたが、後半少し面倒に感じた部分もありました。

 

ファストトラベルもできるし移動速度も上げることができるのでだいぶん楽でしたがそれにもまして世界はかなり広いです。

 

戦闘

戦闘システムはコマンド式の発展形でMMORPG的と言われています。キャラを自由に動かせるのでぱっと見アクションぽいですが完全なコマンド式です。

 

ゼノギアスも格闘ゲームのコマンド入力みたいなものを使うちょっとかわったものでしたが、その程度でそれなりにオーソドックスなものでした。

それに比べゼノブレイドの戦闘システムはかなり複雑になっていてゼノギアス以降あまりゲームをしていない人にとっては難しいと思います。

 

戦術性が高いので慣れればかなり面白いですが、覚えることも多いのでストーリーやキャラが好きでRPGをしている人には面倒に感じる人もいると思います。

順序よく技を使って敵を弱体化させ大ダメージを与えるなどコツみたいなものがあります。

 

慣れればどうということは無いのですがハードルは若干高めです。

【Xenoblade Definitive Edition】堅固な守りを打ち崩す
【Xenoblade Definitive Edition】総攻撃を仕掛ける

 

やり込み要素

ゼノブレイドはとにかくやり込み要素が膨大であまりにも多すぎて疲れてしまう可能性も。

 

サブクエストやユニークモンスター討伐などやることは豊富にあるので嬉しい人も多いでしょうが面倒とも取れます。

面倒ならやらなければいいのですがやらないならやらないで消化不良感も残るので難しいところです。

 

まとめ

まとめると、ゼノブレイドはゼノギアスのように世界観、ストーリー、キャラ、音楽共にゼノギアスに負けないくらいクオリティは高くゼノギアス的DNAも受け継いでいるので確実にゼノギアスが好きな人も満足できます。

 

ただ、任天堂のソフトだけあり少年向きのストーリーやキャラだし違和感を感じる人もいそう。

 

システムも良くできていてオープンワールド風のマップを探索するのは楽しいし戦闘も奥が深く面白いのですが、少々とっつきにくく面倒に感じる可能性もあります。

気になるのならPVやプレイ動画を見て確認するのがいいです。

 

ハマれば絶対に面白いのでゼノギアスが好きな人はもちろんRPGが好きな人までおすすめできるゲームです。

二千続

幼少のころからゲームに触れてきた世代で総プレイ本数は500本以上。ファミコン以降の遊んだゲームはほぼクリアしていて基本積みゲーはしない派。新しいゲームを遊びたい人間だがおじさんらしく昔のドラクエやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGも好き。下手な漫画も描く。クリスタとCintiq16使用。

二千続をフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
シェアする
二千続をフォローする
ユウナカ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました