キャラ絵の上達法で最初は漫画、アニメの模写をおすすめする4つのわけ

スポンサーリンク
模写おすすめ漫画修業
スポンサーリンク

キャラ絵の上達のために今までアニメや人物ポーズ資料集など模写をしてきましたが模写をする場合、まずは漫画やアニメの模写がおすすめと思うようになったのでその理由と詳細を書いていきます。 

※僕が実際にやってみて感じた事を書いていくので人によっては正解ではない場合もあります。

人それぞれに絵の上達方法は異なります。あくまで参考程度に読んでいただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

キャラ絵の上達法で最初は漫画、アニメの模写をおすすめする4つのわけ

個人的に最初は漫画、アニメの模写をおすすめする理由、4つはというと、

  • 模写した絵を見てうまくなった気になれる
  • 自分と違う線のラインに気づける
  • 人体や物の形を理解、記憶できる
  • プロのすごさを体感できる。

と、実際に模写をしてきて感じています。

色を塗るという観点ならイラストの模写がいいかもしれませんが、顔のデザイン、人物をいろいろな角度で描くという人体構造的な目的なら純粋に大量のサンプルのある漫画やアニメがベストだと思います。

 

次よりさらに各項目を詳細に解説していきます。

 

模写した絵を見てうまくなった気になれる

まだ絵を練習した時には特にそうですが、模写をする対象の絵はプロなどの自分よりうまい絵なのでも模写した絵は自分のオリジナルの絵より出来がいい場合がほとんどです。

他人の絵とはいえ上手くなった気になれます。

技術的に実際にレベルが上がったかというのも大切ですが、上機嫌になれるというのが重要でこの成功感覚がとても大事です。

 

普通、絵がうまくなるのにはかなり時間がかかるのでなかなか上達せず気持ちが下がることが多いですが模写絵で満足することによって絵を描く楽しさを思い出し、練習を続けていけます。

絵の上達にはとにかく描き続けていくしかないのでこの気持ちをアップさせる効果というのは大きいと思います。

 

自分と違う線に気づける

自分だけの絵を描いていると線のカーブなどワンパターンになりがちですが、漫画やアニメなどプロ(上手い人)の絵は様々な線で立体的に美しく描いてあるので模写をしてプロの線と自分の線との違いに気づけます。

そのプロの線を覚えると自分の線のストックとなり線のバリエーションが増えるので満足できる絵を描く一つの助けになります。

 

人体や物の形を理解、記憶できる

キャラのポーズをいろいろ模写した場合などは、この角度からだと顔はこう見えるのかとか手はこうなっているのかとか理解し記憶することができます。

人体だけではなく服の形状やしわなども理解し記憶できるのでこれらが自分のストックとなり資料など何も見ずに描くことができます。

 

プロのすごさを体感できる

プロを目指している人は特にいいと思いますが、プロの絵を模写するとプロのレベルを実体験できます。

これぐらいのレベルに到着しないといけないと途方に暮れることもありますが、具体的な目標が分かるので練習を続けていく際の指標になると思います。

何事もゴールは設定したほうが気持ち的には迷わずやっていけるので時間的にも無駄になりにくいです。

 

ポーズ集など実写の人物の模写はしなくていいのか?

漫画やアニメばかりの絵を模写してでは実物のポーズ資料集などを模写しなくてもいいのかというとそんなことはなく、どんどんやっていけばいいです。

 

ただ僕の感覚では写真などの資料には輪郭線がなく線を自分で探さないといけないのでハードルが高いです。

変なところに線を置いてそれっぽく見えなくなるというとこが腕にもよりますが結構出てきます。

最初に」漫画やアニメの模写から始めるという理由がここにあり初心者のうちは線が実際にちゃんと描かれているアニメや漫画のキャラ絵をまず模写して感覚を身に着けてから実写に挑戦した方がスムーズなように感じます。

 

ボク的模写のコツ、方法

資料の準備

とりあえず準備としては漫画やアニメの資料を準備する必要がありますが方法としては漫画の場合、普通に持っている漫画や好きなものを買ってくるのがいいと思います。

お金がないなら、ニコニコ漫画やジャンプなどの出版社のサイトに無料で漫画が読めるものがあるのでそれを利用するのも手です。

アマゾンでも試し読みができるものがあるの利用するのもアリです。

書店で無料で配られているお試し本みたいなものを利用するのもいいと思います。

 

アニメの場合はテレビの録画したものやDVD、ネット配信のものなどを好きなところで一時停止して模写すればいいと思います。

僕はアベマTVでやっているアニメをPCで録画して模写しています。著作権的には個人で使うだけなので問題ないです。

アニメの場合コマ送りなど利用すると動きの練習になっていいと思います。

 

僕が模写するとき意識している事

僕が模写するとき意識している事は、とにかくよく観察してできる限りそっくりに写すこと(9割ぐらいは似せる)、それと全体のバランスを見ることです。

ざっくり人体の構造や構図などを覚えていきたい場合は7~8割程度の似せ方でいいです。

結構模写をすると細部のみに目が行きがちですが全体を見渡すことも大事だと思います。

 

あとは、違和感があっても模写する絵に自分の自分のアレンジは加えないことです。

自分とは違う絵なので違和感が嫌で自分の好きなアレンジを加えていては他の人の絵から学ぶという意味がなくなります。

ストレスになる事もありますが、新たな気づきを楽しんで模写するという姿勢がいいと思います。

 

模写ばかりだと飽きるのだが・・

模写というは結構飽きやすいというのも事実です。

ちょっと飽きたと思ったら今まで模写した絵の気づきを活かして自分の絵を描いてみるのもいいと思います。模写したことが身についているか確認できます。

毎日1時間と模写する時間を決めてコツコツ練習するのもありで、習慣になれば継続的に練習出来て効果的です。

 

まとめ

まとめると、僕が最初に漫画、アニメの模写をおすすめする4つわけは

  • 模写した絵を見てうまくなった気になれ成功体験を得られる
  • 自分と違う線のラインに気づけ線のストックが増える
  • 人体や物の形を理解、記憶でき資料を見ず描けるようになる
  • プロのすごさを体感でき目標になる。

という感じです。

実写の模写は輪郭線がなく難しいので線が実際に描かれている漫画やアニメの絵をまずは模写をして慣れたら実写に挑戦するというのがスムーズかと思います。

模写のコツはアレンジは加えずできる限り忠実に写し、細部だけでなく全体も見渡してバランスも意識すると得られるものも増えると思います。

 

とにかくガンガン模写していくのがおすすめです。



二千年 冬

幼少のころからゲームに触れてきた世代で、昔のドラクエ、ファイナルファンタジーやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGが好きなおじさん。

下手な漫画描き。クリスタとCintiq16使用。
甘党のスイーツ好きでいちおしはファミマのダブルクリームサンド。

二千年 冬をフォローする
漫画修業
スポンサーリンク
シェアする
二千年 冬をフォローする
ユウナカ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました