Cintiq16使用時に使う左手デバイスを探す!【おすすめまとめ 板タブ、液タブ共用】

スポンサーリンク
ペンタブ
スポンサーリンク

デジタルでお絵描きなど作業をしている時便利なのがソフトごとに設定されたショートカット機能。

僕は現在液タブのCintiq16を使いショートカットはキーボードに割り振って使いますが、専用の左手デバイスにショートカットを割り振って使うのが直感的に使えて便利と言う人も多いので購入するか悩んでいます。

そこで今回はイラスト、漫画制作の作業効率アップを目指しよさげな左手デバイスを探したので僕と同じく購入検討されている方は参考にしていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

液タブ、板タブ使用時に左手デバイスを使うメリット

まずは簡単に液タブ、板タブ使用時に左手デバイスを使うメリットを箇条書きします。

  • よく使うショートカットを左手デバイスにまとめることが出来る。
  • 複雑なショートカットキー(shift+alt+spaceなど)を覚えなくていい。
  • 複雑な操作をしなくていいので直感的に操作できる。
  • 拡大縮小など機能にあった特殊なボタンがある。
  • キーボードだと手を前に出さないといけないが持つタイプの左手デバイスだと手を引っ込めた状態で使える。

 主にこんなところだと思います。

 

おすすめの左手デバイス

探してみると動画編集やゲーム用の左手デバイスが結構多いです。

その中で少ないですがイラスト、漫画制作向きの左手デバイスを4つピックアップしました。

 

ExpressKey Remote

ワコムから発売されているワコム製品(IntuosPro、最近発売されたワコム製品全般)と一緒に使う事を想定された左手デバイスで基本的に手で持ちながら操作するようです。ただ、形状からみて置いて使うこともできそうです。その時安定感は無さそうなので下に滑り止めをかませる必要はありそうです。(同梱品として付いて来るCintiqPro24、32にはくっついているように見えますが)

接続はワイアレスレシーバーでBluetoothには対応していません。

ファンクションキーの数は外側に8つ中央に4つ、タッチホイールの周りに5つの合計17個ありそれプラスタッチホイール(物理的には回らず指を滑らす)となっています。

大きさは135mm×52mm×10mmとスマホくらい、重さは110g。電池は充電式で付属のMicroUSBケーブルで給電します。

 

ネットのレビューによるとタッチホイールは使いにくくすぐスリープする壊れる。とあまり評判はよくないようです。値段もAmazonでも9,900円と結構高価です。

好意的な意見も中にはあるので自分に合えば悪くない商品という感じでしょうか。

 

CLIP STUDIO TABMATE

セルシスから発売、イラストソフトCLIP STUDIO PAINTでの使用が前提の左手デバイス。公式外、サードのソフトを入れればすべての機能を使えないまでも普通には使えるようです。

完全に持って使うタイプで形状を見ても置いて使うことはできなさそうです。

接続はBluetoothの無線接続。

ファンクションキーは12+ホイール(縦回り)です。

大きさは縦11.7 cm ✕横2.5 cm ~ 3.4 cm✕奥行2.8 cm ~ 4.4 cm、重さは未表記。多分軽いと思います。電池は単3電池一本を使用します。

ネットではなかなか評判がよくプロイラストレーターのさいとうなおき先生も激押しされていますが、ホイールの耐久性に少々難ありでボタンも硬めということです。ただ改良されたとも言われているみたいで、ボタンも柔らかくなり耐久性に関してもあまり心配しなくてもいいかもしれません。値段もAmazonで4,200円と割とリーズナブル。

200件以上のショートカットを登録できホイールの操作性もいいとの事なのでクリスタを持っている人にはいいかもしれません。ちなみにクリスタを持っている人は優待価格3,500円でクリスタ公式より購入できます。

 

ExpressKey RemoteとCLIP STUDIO TABMATEの参考動画

 

AC19 Shortcut Remote

海外のペンタブメーカーXP-Penから発売されている左手デバイス。ワコムのペンタブ使用時でも共存することができるようです。

ExpressKey Remoteと似たような形で持って使うタイプですが、置いて使うことも出来そうです。

接続はUSBレシーバーで接続します。

ファンクションキーは9+3とホイールキー(抵抗感のあるダイヤル式)となっています。

大きさは70mm × 129mm × 15mm、重さは70gです。電池は単4電池一本を使用します。

 

ネットのレビューだと結構好評で少しキーの数が少ないですが操作感も良くダイヤル式のホイールの評価が高いです。値段もAmazonだと3,400円程でリーズナブル。ワコム製品使用時でも共存できるのもポイントが高いです。耐久性も特に問題ない感じ。

見た目とともに無難な感じがします。

 

TourBox

TourBoxTechよりクラウドファンディングによって資金調達し開発されたかなり本格的な左手デバイス。見た目からしてなんかすごそうな感じ。

完全に置いて使うタイプで下にゴムが付いているので安定感があり滑ったりすることは無いようです。

接続は有線でUSBType-Cを使います。

ファンクションキーはホイールが3つ、ボタンが12個。ホイールは引っかかりの無いタイプです。

大きさは116m✕101mm✕44mm、重さは370g。給電はUSBで給電します。

ネットでの評判はというと好評ですごく便利という意見が多いです。あまり批判的な意見はありませんでした。ただ、ホイールに引っかかりが欲しいという意見は結構多い感じです。値段は19,600円と高価でAmazonで買うと業者によってはおまけが付いてくるみたいです。

 

予算に余裕があるなら有力候補になると思います。

 

ゲームコントローラー、スイッチジョイコン

裏技的な方法ですが、スイッチのジョイコンを持っているならそれを左手デバイスにすることも出来るようです。

キー設定のできるフリーソフト例えばJoyToKey等を利用して細かく設定できるようです。

今回の趣旨からは外れるので詳しくは書きませんが詳細を知りたい人はネットで調べてみましょう。

Googleジョイコン左手デバイスに

 

まとめ

映像編集やゲーム用の左手デバイスは結構種類がありますがイラスト、漫画向きとなるとあまり多くないです。目的別に簡単に分けると、

Cintiqを持っていてワコム愛の強い人はExpressKey Remote

性能的にも手堅くリーズナブルな物を求めているならAC19 Shortcut Remote

クリスタをメインで使っている、さいとうなおき先生を信じているという人はCLIP STUDIO TABMATE。

予算に余裕があり、置き型の安定したデバイスを求めるならTourBox

という感じでしょうか。

 

探してみて僕が買うならXP-PenのAC19 Shortcut Remoteですが正直今はまだキーボードでいいかなという感じです。

僕は今回購入を見送りましたが、よさげな商品もあるので少しでも作業時間を短くしたい、キーボードでショートカットはやっぱり使いにくいという人はこれらの左手デバイス購入を検討するのもアリだと思います。

公式ワコムストア



二千 つづく

幼少のころからゲームに触れてきた世代で、昔のドラクエやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGが好きなおじさん。積みゲーはしない派。
昔のRPGが好きだが基本、新しいゲームを遊びたい人。
下手な漫画も描く。クリスタとCintiq16使用。

二千 つづくをフォローする
ペンタブ
スポンサーリンク
シェアする
二千 つづくをフォローする
ユウナカ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました