液タブ Wacom Cintiq16を購入したのでレビュー【アウトレット情報も】

スポンサーリンク
Cintiq16ペンタブ
スポンサーリンク

 

PCで絵を描くのに液タブ(液晶タブレット)を買うかどうか長い間悩んでいましたが、ついにワコムアウトレットセールで安くなった液タブ 「Cintiq16」(シンティック16)を購入。

豪華な機能をそぎ落とし価格を抑えたコストパフォーマンスが高い液タブでプロ仕様のペン、「プロペン2」も搭載して描き味は言うことなしです。

 

さらに詳細な感想を書いていくのでよかったら参考にしていただけたらと思います。

ワコムストアのアウトレットセールで買ったのでそのあたりの情報も書いていきます。

 

※全2ページ

 

スポンサーリンク

Cintiq16の開封

今回はワコムストアで購入したので商品と一緒に領収書、保証書シール、サポート案内が付いてきます。

 

開封するとまず、不織布の袋に入って保護された本体が入っています。

Cintiq16袋
不織布の袋

 

Cintiq16本体
Cintiq16本体

 

そしてその下に付属品の3in1ケーブルACアダプタ電源ケーブルプロペン2、あとは、クイックスタートガイド、レギュレーションシート、保証書が入っています。

3in1ケーブル写真
3in1ケーブル
プロペン2写真
プロペン2

 

本体の不織布の袋は地味にうれしいポイント。持ち運びする時にも使えると思います。

 

Cintiq16のセッティングと機能

セッティングを簡単に紹介。

まずは3in1ケーブルの中の電源⇔ACアダプタ⇔電源ケーブルという感じで繋げます。

3in1ケーブルの中の電源⇔ACアダプタ⇔電源ケーブル接続写真

 

次に、本体裏上部にあるふたを突起に指をかけ上にスライドさせて開けます。(ちょっと力が要る)

そして3in1ケーブルの線が1本だけのほうを〇の出っ張りにコードを沿わせながら端子を接続し、ふたを閉じれば完了です。

Cintiq16本体3in1ケーブル接続

 

次は3in1ケーブルの中のHDMI端子、USB端子をPCに繋げます。

 

注意! PCにHDMI端子がない場合自分のPCの端子(DisplayPortやDVI端子など)と合うものに変換するアダプタが別途必要です。

例(HDMI→DVIやHDMI→DisplayPortなど)

 

電源コードをコンセントに刺すとセッティングは終了です。あとは、ドライバをワコムサイトからダウンロードしインストールすると使えるようになります。

 

液タブでは珍しく、上からコードが出るという仕様なので横からコードが出るタイプと違ってコードに負担があまりかからないのでいいです。

ただ、企業努力で3in1ケーブルなど邪魔になりにくいようコンパクトにはなっていますが、それでも電源アダプタ、ケーブルと接続するとかさばるのでどうしても取り回しは悪くなってしまいます。

3in1ケーブルなど写真

 

機能面では、本体裏から足を出して本体を斜めにして使うことも可能です。これがちょうどいい感じの角度なので基本足を出して角度をつけて使うのがおすすめだと思います。

足を引き出して1段階目の段階では足が固定されないので2段階目まで引き出して固定し使うのがいいと思います。

 

もともと本体自体下の方を薄く上の方を厚く作ってあり少しですが普通に置いても画面が斜めになるように作られています。

Cintiq16足写真

 

本体右にはペンホルダーがあって取り外して左右両方どちらにもつけることが可能です。ペンホルダーは替えの芯が3本収納され芯2抜き(写真下穴)にもなっています。

芯の抜き方はペンの芯を穴に突っ込んで少しペンをナナメにして穴に引っ掛ける感じにすると抜けます。

 

全体的にできるだけ省スペースにしようという姿勢は好印象です。

 

Cintiq16の設定

インストールされたデスクトップセンターディスプレイ設定で明るさとコントラストを好みに合わせて簡単に調整できます。僕は明るいと思ったのでどっちも20ほどに下げました。

Cintiq16ディスプレイ設定

 

ワコムタブレットのプロパティではプロペン2や本体を好みに合わせて設定できます。ペン先の感触のスライダを左右するだけで簡単にやわらかい、硬いの設定ができ便利です。

Cintiq16ペン設定画像

プロペン2は一回Cintiq16本体で使うと登録されます。

全て簡単で初心者でも問題なく設定ができると思います。

 

Cintiq16を使ってみての感想

描き味

液晶画面に描くので紙に描く時と全く同じという訳にはいきませんが、というかむしろ紙にペンや鉛筆などで絵を描く時とはまた違ったサクサクと描けるような心地よさがあります。わずかな筆圧にも繊細に反応してくれて滑らかに線が描画されていく様は癖になる快感です。

Cintiq16落書き写真
落書き

本当に描いていて心地よい。個人的にはこの心地よさのおかげで「描く」というモチベーションを保ちやすいです。

この心地よさを生み出している秘密はどうやらON荷重というどれだけの筆圧をかけると描画されるかという機能のおかげで、Cintiq16などワコム製品はこのON荷重の機能が海外製品と比べて優れているんじゃないでしょうか。あと、傾き感知も海外製と比べると優れているようです。

 

よく言われる視差ですがディスプレイの厚み分、感覚1ミリほどはありますが、画面もそんなに大きくないので個人的には気になりませんでした。それよりも描き味の心地よさが上回ります。

ただ四隅に行くとポインタとペン先の位置が0.5ミリ程ずれます。隅で絵を描いたり作業はしないと思うのであまり気になりませんでした。 ←いつの間にか合うようになってました。ちゃんと正面から見ていなかったのかもしれません。

 

ちなみに座って描くのに疲れたら寝ころびながら描いたりもでき、スケッチブックのように使えるのでなかなか快適です。

 

追従性能

PCのスペックにもよるので一概に言えないのですが、ストレスなくポインタ(カーソル)がついて来ると思います。

さすがにアナログのペンと紙のように100%ペン先のポイントと紙に描かれていく線のポイントがずっと一致し続けるわけではありませんがすぐに慣れると思います。デジタルはデジタルなりのサクサクとした気持ちいい描き心地があります。

 

傾き検知

対応しているソフト限定(クリップスタジオなどが対応)でペンを傾けると線の太さや濃淡が変化する傾き検知機能が使えます。

ソフトの傾き検知の設定をするとアナログの鉛筆のように寝かしながら線を太くしていくことができます。

 

描き心地も良好で微妙な傾きを繊細に読み取ってくれるためペンの微妙な傾きで線の太さや濃淡を自在にコントロールできます。

水彩ブラシでペンを傾けると濃淡を薄くするなどもできます。

 

アナログから液タブに移行してきた人にはうれしい機能になるかもしれません。

 

画質

スペックでは※NTSCカバー率72%と再現できる色の範囲が狭いですが特に気になるところはありませんでした。普通にディスプレイとして使う分にも全く問題ないです。動画など結構きれいな映像で見れました。(※NTSCは全米テレビジョンシステム委員会の略。映像の規格名としても使われる)

sRGBカバー率は96%、デジタルカメラ、モニタなど一般普及しているものはほとんどこのsRGB規格を基準にして作られているようなので描いたものを見せるのがデジタルのみで終結する場合はこのCintiq16だけでも問題ないと思います。

紙に出力したり、色にこだわりのある人は別にもっと再現できる色の範囲が広いモニタを別に用意する必要があるでしょう。

 

ただ欠点として、画面に少しぎらつき感があります。設定で明るさとコントラストを下げることでだいぶん気にならなくなりますがこれはワコムの液タブ全般に言えることなのでワコム液タブの個性と考えたほうが良さそうです。気になる人は家電量販店などで実物を確認しましょう。

 

画面サイズ

絵を描くにしても、何をするにしても作業する場合は画面のサイズが大きいに越したことはないですがスペースの問題もあるのであまり大きいと邪魔になります。

Cintiq16は画面サイズは15.6インチと最低限の広さはあり本体自体もそこまで大きくないのでそういう意味でCintiq16の画面サイズはちょうどいいと思います。

まあ、正直言うともう少し画面が大きい方が全体を見渡せるのでいいですけど。

 

サイズとは関係ないですが、液晶の保護フィルムが自由に変えられないのは少々痛いかも。

Cintiq16は初めから非光沢のフィルムが貼ってあり自分ではがす事は無理で、交換するにはワコムに送り1万8千円で交換してもらえるようです。面倒な上かなり高価です。

 

ただこのアンチグレアパネルはかなり頑丈なので描き味が気に入らない限り別の保護フィルムは必要ないと思います。

 

機能面

タッチ機能やファンクションキーなど僕にとって余計な機能がなく省スペース化されている所がいいです。そのおかげで価格が安く抑えられています。

ファンクションキーの代わりにオンスクリーンコントロールという機能があり、プロペン2のボタンなどにショートカットとして登録して画面上に取り消し、やり直し、ワコムタブレットのプロパティなどのショートカットを表示させることができます。

Cintiq16オンスクリーンコントロール写真
オンスクリーンコントロールでエクスプレスメニューというショートカットを登録した場合。他にも色々なショートカットをワコムタブレットのプロパティで登録できる。様々なカスタマイズが可能。

 

足を出して手軽に傾けて使えるのもいいです。普通に机にべったっと置くと遠近法の関係で出来上がった絵が道路に表示されている文字や記号と同じように縦に延びがちでもこれを使うと正確に画面に描かれたものの大きさが掴めると思います。照明の反射低減にも使えます。

コードが上から出ているのも邪魔になりにくくコードに負担もかからないので良いです。

 

排熱

上部に排熱口があるだけですがほんのりと熱を感じる程度で全く気にならないです。長時間使っても体感では温度は上がった感じはありません。ファンもないので無音です。

Cintiq16排気口写真

 

設定面

明るさ、コントラストを細かくに設定できるし、プロペン2の設定も筆圧の調整も繊細にでき、ショートカットも細かく設定できるので良いです。

この辺りはintuos4時代とあまり変化はないですね。

 

プロペン2

軽くて持ちやすくintuos4についていたものと比べるとサイドボタンが小さくなったのもいいです。性能も十分。ただ引っかかりがなくなり机の上に置いておくとコロコロ転がりやすいです。

よくプロペン2は壊れやすいとの意見をネットで見ますが、机などから落とす人が多いんじゃないでしょうか。高い所から落とすと、当然壊れる可能性が高くなるので気を付けた方がいいと思います。

 

そして、一番プロペン2のいい所はペン先の沈み込みがほとんどない所です。海外製はなぜか沈み込みが深いようで沈み込みのないプロペン2のほうが描き味が自然になると思います。

プロペン2ペン先沈み込み写真
浮かせた状態(薄いですがペン先下の影を参考にお願いします)
プロペン2ペン先沈み込み写真2
接地状態

 

価格

アウトレットセールで5万6千円で買えたので何の文句もないです。

アマゾンだと6万円中盤、セールの時などは6万円切る場合もあるので安く買えます。

ワコムストア楽天市場店

Cintiq16仕様表

メーカーワコム
発売日2019年 1月11日
型番DTK1660K0D (-OUTLET)
価格税込み¥56,430 (通常¥74,580)
表示サイズ15.6型
最大表示解像度フルHD1920×1080
液晶方式IPS方式
応答速度25ms
色域〇NTSCカバー率72%
〇sRGB カバー率96%
付属ペンプロペン2
読取方式電磁誘導方式
筆圧レベル8192レベル
タッチ入力無し
消費電力最大27W、スリープモード0.5W
サイズ全体42.2×28.5 ×2.45㎝
画面サイズ34.3×19.5㎝ ※自己測定
重量1.9kg
対応システムWindows7以降、Mac OS X 10.12以降
映像接続端子HDMI
商品構成〇Cintiq16本体
〇プロペン2
〇ペンホルダー(芯3本、芯抜き付き)
〇3in1ケーブル(1.8m)HDMI USB 電源
〇ACアダプタ(1.5m)
〇電源ケーブル (1.8m)
〇クイックスタートガイド
〇保証書
〇レギュレーションシート

 

ユウナカ屋主

昔のドラクエ、ファイナルファンタジーやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGを遊んで青春時代を過ごしてきたRPG好きのおじさん。 ペンタブ歴も長くちょっとは詳しい。

どちらかといえばお米派でパンはおやつというベタな日本人。

ユウナカ屋主をフォローする
ペンタブ
スポンサーリンク
ユウナカ屋主をフォローする
ユウナカ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました