Wacom Cintiq16 アウトレット レビュー!実際に家で使ってみての感想、アウトレット情報も

スポンサーリンク
ペンタブ
スポンサーリンク

 

PCで絵を描くのにペンタブレットを買うか液晶タブレットを買うか長い間悩んでいましたが、ついにワコムアウトレットセールで安くなった液晶タブレット Cintiq16(シンティック16)を購入!

いろいろあって長らく保管したままになっていましたがようやく使用開始したので機能面や使って感じた液晶タブレットCintiq16の感想を書いていきたいと思います。

ワコムストアのアウトレットセールで買ったのでそのあたりの情報も書いていきます。

  

スポンサーリンク

Cintiq16アウトレット基本情報

メーカーワコム
発売日2019年 1月11日
型番DTK1660K0D-OUTLET
価格税込み¥56,430 (通常¥74,580)
表示サイズ15.6型
最大表示解像度フルHD1920×1080
液晶方式IPS方式
応答速度25ms
色域〇NTSCカバー率72%
〇sRGB カバー率96%
付属ペンプロペン2
読取方式電磁誘導方式
筆圧レベル8192レベル
タッチ入力無し
消費電力最大27W、スリープモード0.5W
サイズ全体42.2×28.5 ×2.45㎝
画面サイズ34.3×19.5㎝※自己測定
重量1.9kg
対応システムWindows7以降、Mac OS X 10.12以降
映像接続端子HDMI
商品構成〇Cintiq16本体
〇プロペン2
〇ペンホルダー(芯3本、芯抜き付き)
〇3in1ケーブル(1.8m)HDMI USB 電源
〇ACアダプタ(1.5m)
〇電源ケーブル (1.8m)
〇クイックスタートガイド
〇保証書
〇レギュレーションシート

 

ワコムアウトレットとは

ワコム直営のオンラインショップ「ワコムストア」が開くアウトレット商品だけを取り扱ったセール。アウトレット商品なので定価より20%~60%オフとお値打ち価格で商品が買えます。

20万、30万円する高額商品もあるので値引き額が10万円以上ととんでもなく値引きされる場合もあり超お得。

開催周期はCintiq16を買ったのが2019年12月、その後は2020年3月19日から開催、12月の前は9月に開催していたみたいなので、だいたい3か月ごとに開催しているようです。

 

アウトレットといっても未開封の新品。ただし外箱に軽度のキズや色あせ等があると公式サイトで明言されています。

うちに届いたものは普通の新品と見分けがつかないほどのものでした。

Cintiq16パッケージ写真

おそらく、アウトレットとして出されたのはちょっとした箱の角つぶれが原因だと思います。

Cintiq16箱へこみ写真

この程度なら普通の新品として届いてもわざわざ返品して交換するのが面倒で見逃すレベル。個人的には全く気になりませんでした。

おそらく取り扱い時誤って傷つけてしまったものや、長らく倉庫に眠っていたなどして少し風化したものがものがアウトレットとして出されているのんじゃないでしょうか。

とにかく損傷も少なく、中古品ではないので安心して購入できます。保証も通常版と同じです。

 

 

ワコムストアの楽天市場店でもアウトレット品を取り扱っているようでこちらは開催期間などの制限はなく在庫があればいつでも購入できます。

ワコムストア楽天市場店

 

2020年9月17日よりワコムストアでアウトレットセール開催中!

Cintiq 16は63,800円で販売!

詳しくはワコムストアで!

Cintiq16の開封、セッティング、ドライバインストール

開封

商品と一緒に領収書、保証書シール、サポート案内が付いてきます。領収書と保証書シールは無くさないように注意。

開封すると中身は本体(本体は不織布の袋に入って保護されています)、

付属品の3in1ケーブルACアダプタ電源ケーブルプロペン2、あとは、クイックスタートガイド、レギュレーションシート、保証書が入っています。

クイックスタートガイドは絵だけの説明です。文字無し・・。(笑)

 

セッティング

まずは3in1ケーブルの中の電源⇔ACアダプタ⇔電源ケーブルという感じで繋げます。

次に、本体裏上部にあるふたを突起に指をかけ上にスライドさせて開けます。(ちょっと力が要る)そして3in1ケーブルの線が1本だけのほうを〇の出っ張りにコードを沿わせながら端子を接続します。ふたを閉じれば完了。

Cintiq16は上からコードが出るという仕様なので横からコードが出るタイプと違ってコードに負担があまりかからないのでいいです。

 

次は3in1ケーブルの中のHDMI端子、USB端子をPCに繋げます。

PCにHDMI端子がない場合PCの端子に合った(DisplayPortやDVI端子など)に変換するアダプタが別途必要です。

電源コードをコンセントに刺すとセッティングは終了です。

 

補足ですが、設置機能として本体裏から足を出して本体を斜めにして使うことも可能です。

本体右にはペンホルダーがあって取り外し、左右両方どちらにもつけることが可能です。ペンホルダーは替えの芯が3本収納され芯抜きにもなっています。

 

できるだけ省スペースにしようという姿勢は好印象です。

 

ドライバのインストール

ワコムのホームページでドライバをダウンロードします。

ダウンロードしたドライバをインストールします。

ドライバをダブルクリックし開いて、「アプリがこのデバイスに変更を加えることを許可しますか?」をはいにしてあとは指示通りにしてインストール完了です。

 

Cintiq16の設定

まずはインストールされたデスクトップセンターディスプレイ設定で明るさとコントラストを好みに合わせて調整すればいいと思います。僕は明るいと思ったのでどっちも40ほどに下げました。

Cintiq16ディスプレイ設定スクショ

次にもう一つインストールされたワコムタブレットのプロパティでプロペン2や本体を好みに合わせて設定します。プロペン2は一回Cintiq16本体で使うと登録されると思います。

主にペンの感触の項目を好みに合わせて変えるといいと思います。

 

Cintiq16を使ってみての感想

描き味

家電量販店で試し描きをして描き味が素晴らしいという事は分かっていたのですが、やっぱり描き味は最高。家で座って描くと安定して描けるのでより一層書き味がよく感じられます。

液晶画面に描くので紙に描く時と全く同じという訳にはいきませんが、というかむしろ紙にペンや鉛筆などで絵を描く時とはまた違ったサクサクと描けるような心地よさがあります。わずかな筆圧にも繊細に反応してくれて滑らかに線が描画されていく様は癖になる快感です。

この心地よさを生み出している秘密はどうやらON荷重というどれだけの筆圧をかけると描画されるかという機能のおかげで、Cintiq16などワコム製品はこのON荷重の機能が海外製品と比べて優れているんじゃないでしょうか。あと、傾き感知も海外製と比べると優れているようです。

よく言われる視差ですが感覚1ミリほどはありますが、画面もそんなに大きくないので全く気になりませんでした。それよりも描き味の心地よさが上回ります。

ただ四隅に行くとポインタとペン先の位置が0.5ミリ程ずれます。隅で絵を描いたり作業はしないと思うのであまり気になりませんでした。

 

ちなみに座って描くのに疲れたら寝ころびながら描いたりもでき、スケッチブックのように使えるのでなかなか快適です。

 

画質

スペックでは※NTSCカバー率72%と再現できる色の範囲が狭いですが特に気になるところはありませんでした。普通にディスプレイとして使う分にも全く問題ないです。動画など結構きれいな映像で見れました。(※NTSCは全米テレビジョンシステム委員会の略。映像の規格名としても使われる)

まぁsRGBカバー率は96%、デジタルカメラ、モニタなど一般普及しているものはほとんどこのsRGB規格を基準にして作られているようなので描いたものを見せるのがデジタルのみで終結する場合はこのCintiq16だけでも問題ないと思います。

紙に出力したり、色にこだわりのある人は別にもっと再現できる色の範囲が広いモニタを別に用意する必要があるでしょう。

ただ欠点として、画面に少しぎらつき感があります。設定で明るさとコントラストを下げることでだいぶん気にならなくなりますがこれはワコムの液タブ全般に言えることなのでワコム液タブの個性と考えたほうが良さそうです。

 

画面サイズ

絵を描くにしても、何をするにしても作業する場合は画面のサイズが大きいに越したことはないですがスペースの問題もあるのであまり大きいと邪魔になります。

Cintiq16は画面サイズは15.6インチと最低限の広さはあり本体自体もそこまで大きくないのでそういう意味でCintiq16の画面サイズはちょうどいいと思います。

まあ、正直言うともう少し画面が大きい方が全体を見渡せるのでいいですけど。

 

サイズとは関係ないですが、液晶の保護フィルムが自由に変えられないのは痛いですね。

Cintiq16は初めから非光沢のフィルムが貼ってあり自分ではがす事は無理で、交換するにはワコムに送り1万8千円で交換してもらえるようです。面倒な上かなり高価です。

 

機能面

タッチ機能やショートカットキーなど僕にとって余計な機能がなく省スペース化されている所がいいです。

代わりにオンスクリーンコントロールという機能があり、プロペン2のボタンなどにショートカットとして登録して画面上に取り消し、やり直し、ワコムタブレットのプロパティなどのショートカットを表示させることができます。

 

足を出して手軽に傾けて使えるのもいい。普通に机にべったっと置くと遠近法の関係で出来上がった絵が道路に表示されている文字や記号と同じように縦に延びがちですがこれを使うと正確に画面に描かれたものの大きさが掴めると思います。照明の反射低減にも使えます。

コードが上から出ているのも邪魔になりにくくコードに負担もかからないので良いです。

 

排熱

上部に排熱口があるだけですがほんのりと熱を感じる程度で全く気にならないです。長時間使っても体感では温度は上がった感じはありません。

 

設定面

明るさ、コントラストを細かくに設定できるし、プロペン2の設定も筆圧の調整も繊細にでき、ショートカットも細かく設定できるので良いです。

この辺りはintuos4とあまり変化はないですね。

 

プロペン2

軽くて持ちやすいので良いです。性能も十分。intuos4についていたものと比べると、サイドボタンが小さくなったのはいいのですが引っかかりがなくなり机の上に置いておくとコロコロ転がるので個人的には大きいままでも良かったです。

一番プロペン2のいい所はペン先の沈み込みがない所。海外製はなぜか沈み込みがあるようで沈み込みのないプロペン2のほうが書き味が自然になると思います。

 

価格

アウトレットセールで5万6千円で買えたので何の文句もないです。

アマゾンだと6万円中盤、セールの時などは6万円切る場合もあるので安く買えます。

 

Cintiq16はどんな人が買い?

液タブが欲しい人は、安くて性能も高い海外製、HUION、XP-Penの液タブが対抗馬として挙がってきますが、ワコムの液タブの描き味は格別だし海外製はペンの沈み込みもあるので描き味にこだわるならワコムのCintiq16を選んだ方がいいのは間違いないと思います。

2,3万円は高くなりますが、長く使うことになるので2,3万円の惜しんで妥協して海外製を買うと後悔する可能性が高いんじゃないでしょうか。

逆に描き味にこだわらず一定のクオリティを満たすものならいいという人はコストパフォーマンスの高い海外製でいいと思います。

 

そもそもの問題として液タブが自分に合わないんじゃないかという疑問がありますがそこは結局買ってある程度の期間使ってみないと分からないです。

家電量販店でどれだけ試し描きしても同じ事。描き味が分かるなど商品の特徴を知るのには有効ですが長いスパンで使うとなるとまた違います。

結局実際に買って使い込んでいくうちでしか自分に合う合わないかは分からないでしょう。

もし使い込んで合わないと分かったら損をしたと思うかもしれませんが、それはそれで液タブが自分には合わないという事が分かったという情報が財産になると思います。グダグダ悩んで時間を無駄にするよりも結果的には良いでしょう。僕はそう思ってCintiq16を購入しました。

それに時間の経過によって自分の感覚も変わって来るでしょうしいったんCintiq16は置いておいて今度は板タブを試してみるとか絵を描く人は紙のアナログに戻ってみるとかするのもいいと思います。

そうやっていろいろ試して自分に合うもの、方法を模索していくのがベストなんじゃないでしょうか。

 

楽天市場Cintiq16

アマゾンプライム無料体験 プライムだけのお得な特典が豊富!

 

二千年春

幼少のころからゲームに触れてきた世代で総プレイ本数は500本以上。ファミコン以降の遊んだゲームはほぼクリアしていて基本積みゲーはしない派。新しいゲームを遊びたい人間だがおじさんらしく昔のドラクエやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGも好き。

二千年春をフォローする
ペンタブ
スポンサーリンク
シェアする
二千年春をフォローする
遊ディテクティブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました