ドラクエとFFの難易度を年代、ナンバリングごとに比較  難しいのはどっち?

スポンサーリンク
ドラクエFF難易度比較ゲーム
スポンサーリンク

RPGの双璧といえばやはりドラクエとFFの両シリーズ。

最近両シリーズの難易度ランキングの記事を書きましたが、その時ドラクエ、FF両歴代シリーズで難易度を比較していくとどっちが難しいの?とふと疑問に。

 

そこで今回はドラクエ、FFのオフラインナンバリングを全てプレイしてきて感じた難易度を比較し、ドラクエ、FFどちらのシリーズが難しいのかを決めたいと思います。

比較方法は年代、およびナンバリングタイトルごとに比較していきます。

 

※難易度はあくまで個人的感覚によるものです。

 

スポンサーリンク

ドラクエ、FFシリーズ難易度比較

ドラクエ、FFの難易度を比較する際にこのブログで書いたドラクエ、FFの難易度ランキングの記事を参考にします。

 

ゲームの難易度は時代の流れによって変化するので公平性を持たせるためにも基本、年代、ナンバリング別に分けて比較します。

 

ドラクエ、FFナンバリング1〜3の難易度比較

このあたりのタイトルは1980年中後半に出てだいたいきれいに同年代なので1タイトルごとに比較していきます。

以前このブログで付けた難易度で比較していくと、

 

ドラクエ 難易度 7.0

FF 難易度 9.0

 

ドラクエ2 難易度 10.0

FF2 難易度 8.0

 

ドラクエ3 難易度 9.0

FF3 難易度 7.0

 

となり、単純に星の数だけで比較するとドラクエの方が難しいとなりますが実際そこまで大きな差はない気がします。

 

この年代ではドラクエではドラクエ2、FFでは初代FFが一番難易度が高いとなります。

初代FFは難しいですがシステム的にまだ未成熟という意味で難易度が上がっている感じ。

それに比べドラクエ2は純粋に謎解き要素、敵の強さともに難しく、若干ドラクエシリーズが難しめという感じでしょうか。

 

ドラクエ、FFナンバリングタイトル4〜6の難易度比較

1990年代初めから中盤頃に出たタイトルでの比較。ドラクエ4とFF4はファミコン、スーパーファミコンと違いがありますが特に影響は無いと思うのでそのまま比較します。

 

ドラクエ4 難易度 8.0

FF4 難易度 7.0

 

ドラクエ5 難易度 6.0

FF5 難易度 7.0

 

ドラクエ6 難易度 7.0

FF6 難易度 5.0

 

今回も星の差はきん差で難易度の差はあまり無いと思います。

この年代ではドラクエはタイトルごとにそこまで難易度は変化していかないイメージですが、FFは徐々に簡単になっていくイメージ。

総合的に見て若干ドラクエシリーズの方が難しいという感じでしょうか。

 

2000年前後に出たドラクエ、FFナンバリングタイトルでの難易度比較

2000年前後の頃に出たドラクエ、FFのタイトルの数はかなり差がありますが、ゲーム難易度の高い、低いの傾向は時代に影響されると思うのでそのまま比較します。

 

ドラクエ7 難易度 7.0

 

FF7 難易度 4.0

FF8  難易度8.0

FF9 難易度 7.0

FF10 難易度 6.0

 

FF7が星の数少なめで簡単ですが、この年代でもあまり難易度の差はない感じです。

 

FF10はFF9よりは簡単という意味での星の数7に近い6でもあるので全体的に見て大きく難易度の差は無いと感じます。

ドラクエ7はとにかく長いという意味もあり星の数7ですが、FFの場合はシステム的に複雑になってきて難易度が上がっている感覚なのでこの年代は若干FFの方が難しいと思います。

 

2000年代中盤に出たドラクエ、FFナンバリングタイトルでの難易度比較

2000年代中盤に出たドラクエ、FFのタイトルで難易度を比較すると

 

ドラクエ8 難易度 7.0

FF12 難易度 8.0

 

となり、またしてもドラクエ、FFの難易度に大きな差は無いとなります。

伝統的なドラクエシリーズに対し、FFシリーズはシステムが変化していきFF12は当時としては凝ったシステムだったので若干FFの方が難しいという感じです。

 

2000年代後半に出たドラクエ、FFナンバリングタイトルでの難易度比較

2000年代後半に出たドラクエ、FFのタイトルで難易度を比較すると

 

ドラクエ9 難易度 5.0

FF13 難易度 9.0

 

初めて明確に差が出ました。

ただ、ドラクエ9は携帯機DSのゲームで、FF13は据え置き機のPS3のゲーム。

携帯機のほうが難易度は低い傾向にあるので純粋に比較するのは少々フェアではない気がしないでも無いですが、FFシリーズの中でもFF13の戦闘難易度は難しいので2000年代後半の難易度比較はFFのほうが難しいということでいいと思います。

 

2010年代中盤に出たドラクエ、FFナンバリングタイトルでの難易度比較

最新作、2010年代中盤に出たドラクエ、FFナンバリングタイトルでの難易度比較すると、

 

ドラクエ11 難易度 5.0

FF15 難易度 6.0

 

またしても難易度的な差はあまりないという感じです。

 

ドラクエ11も幅広く多くの人に遊んでもらいたいという思いか、時代の流れか難易度は低めに思います。

FF15にしてもシリーズ初のアクションRPGとあってか難易度は低めに抑えられている感じです。

どちらもやりこみプレイをすると難易度は結構上がるようで、クリアは簡単に、それ以降お遊び要素はやりごたえを持たせるというのが今の時代の難易度設定かもしれません。

 

まとめ

結論としては、ドラクエシリーズとFFシリーズどちらが難しいのかというと、年代、ナンバリングごとに比較していくならあまり差はない

あえて言うならシステムが複雑になってきているFFシリーズのほうが若干難しいというのが個人的な答えです。

 

今回の比較でゲームの難易度は出るハードやその時代によって変わる部分が大きいと思いました。

ファミコン時代は容量が少ないこともありプレイ時間を増やすためにも難しめの難易度だし、その後ソフトの容量も増え遊びやすくするために簡単になっていった感じがします。

 

最近はゲームシステムも昔のゲームに比べると複雑になりユーザーもやりごたえを求める傾向があるのでちょっと難しめの難易度設定になっている気がします。

それだけユーザーがゲームに慣れてきたということもあるかもしれませんね。



あべる戦士

昔のドラクエ、ファイナルファンタジーやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGを遊んで青春時代を過ごしてきたRPG好きのおじさん。

受賞、編集付き経験なしのへたっぴ漫画描きでもある。

秋の味覚といえば栗。和スイーツ、栗大福がいちおし!

あべる戦士をフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
あべる戦士をフォローする
ユウナカ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました