ペンタブレット(板タブ)と液晶タブレット(液タブ)との比較、メリット、デメリットをまとめました

スポンサーリンク
ペンタブ
スポンサーリンク

 

絵を描いたり画像編集の時に役立つ入力機器、ペンタブレット(通称板タブ)と液晶タブレット(通称液タブ)。欲しいと思っても実際どちらが自分に合っているか判断するのは結構難しいので板タブと液タブの特徴、比較してのメリット、デメリットを簡単にまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク

ペンタブレット、液晶タブレットとは

まずは液晶タブレットと液晶タブレットの簡単な説明と違いを。

ペンタブレット(板タブ)とは

PCなどで使うペンと板状の座標を読み取る装置(タブレット)がセットになった入機器。

板タブイラスト
こういうやつ。

ペンを持って紙に書くようにペン先をタブレット上で動かすとカーソルが動かすことができます。それによって画面上に線を描画することができます。

主にイラストや漫画製作、映像制作、写真編集などに使われます。

なかには手首に負担にかからないというのでマウス代わりに使う人もいます。

 

液晶タブレット(液タブ)とは

PCなどで使うペンを用いた入力機器ですが、板タブとは異なり画面に直接書くことができます。

液タブイラスト
こんな感じのやつ。

使用用途は板タブと同じくイラスト制作や写真編集ですが、画面に直接描けることから紙に書く感覚に近いのでイラストレーターや漫画家に好まれています。

 

主なメーカーと世界シェア

今はHUION(フイオン)やXP-Penなどの海外メーカー製も普及していますが日本のワコムが世界で大きなシェアを獲得しています。ただし性能も高いですが、海外製に比べ値段も高いです。

安くて性能もいいコストパフォーマンスの高い海外製、価格も高いが性能がより高いワコム製というのがペンタブレット業界のイメージ。

ただ昔はワコム製と海外製の性能差が結構あったようですが最近は性能差が少なくなってきたようです。

 

ペンタブレット(板タブ)メリット、デメリット

板タブ、液タブそれぞれにメリット、デメリットがあるのでそれぞれ箇条書きしていきます。

 

板タブのメリット

自分の手で絵が隠れない。

サイズにもよるが邪魔になりにくい。

読み取り面に紙を敷くと紙の書き味で描ける。

価格が安い。

モニタを見ての作業なので前かがみにならずに済む。

液晶が傷つく心配をしなくていい。

 

板タブのデメリット

実際に手を動かして描いている場所と描いた絵が表示されるモニタが離れているので思った場所に線を引くのが難しい。

どんなに慣れても紙に描く時のような直感的な感覚で描けない。

 

板タブも工夫次第では快適に作業ができるようになります。例えばタブレットをモニタにできるだけ近づけたり、設定のマッピングでモニタの描画表示の大きさとタブレットの入力範囲の大きさを同じ大きさに近づけると描きやすいです。

板タブマッピング線が引きやすいやり方イラスト
赤線の範囲より緑線の範囲にマッピングを設定にした方が線が引きやすい。

 

液晶タブレット(液タブ)メリット、デメリット

液タブのメリット

紙に描く時のように直感的に描ける(線が正確に引ける)。

持っていると満足感に浸れる。

 

液タブのデメリット

値段が高い。

画面が近くなるので目が疲れる。

前かがみになり姿勢が悪くなる。

速くペンを動かすとペン先カーソルが遅れる。(製品によって差がある)

液晶画面に傷がつかないか常に心配になる

自分の手で絵が隠れる。

 

デメリットが多くあまり印象が良くないかもしれませんが、直感的に絵が描けるというのは何よりも最大の長所です。特に線を多く引く人には最も恩恵が大きいです。

 

アナログ(紙)で絵を描く時のメリット、デメリット

絵を描かない人には関係ないですがペンタブを購入する人はだいたい絵を描くことが目的だと思うので紙に描くメリット、デメリットも。

 

紙に描くメリット

紙とペンの距離が0距離なので思った通りの線が引ける。

紙やペンなど初期費用がデジタルより安い場合が多い。

全体を見渡しやすい。

描いているという生の実感が味わえる。

作品がリアルな形として残る。

 

紙に描くデメリット

デジタルに比べ失敗したとき修正しにくい。

こだわると道具をそろえるのが手間。

インク、絵の具が乾くのを待たないといけない。

作業場が汚れる。

デジタルに比べ作業時間がかかる場合が多い。

 

個人的には充実感を感じるのはやっぱりアナログ作画です。全体が見渡しやすいのも大きい。作品も物として残りますしね。

 

板タブが向いている人、液タブが向いている人

板タブ、液タブどちらが自分に合っているか簡単にまとめました。

 

板タブが向いている人

線を引く作業がそんなに多くない初期投資は安いほうがいい正しい姿勢で作業したいとりあえずデジタルで絵を描くを体験したいという人は板タブでいいと思います。

液タブより安いというのは魅力ですし、デジタルで絵を描く事を体験したい人だともし合わなかった場合損害が少なくてすみます。

 

おすすめ板タブ
One by Wacom

個人的には板タブではこれ一択。筆圧レベルこそ2048とスペックとしては低いですが実際問題これで十分です。ショートカット機能等がないし必要最小限なので価格が安いのがなによりいい。

クリスタがタダで付いてくるのもいい。

初めて板タブを使う人に特にオススメです。


One by Wacom Medium (CTL-672/K0-C) ワコム ペンタブレット 送料無料

ワコムストアOne by Wacom

 

液タブが向いている人

できるだけ直感的な感覚で作業したい人や、線を引く作業が多い人(漫画を描きたい人など)は液タブがいいと思います。何度も線を引き直す必要がないので作業時間も短縮できます。

金銭的に厳しい人はコストパフォーマンスの高い海外製を狙うといいと思います。

 

おすすめ液タブ

Wacom Cintiq16

ワコムストアCintiq16

Cintiq16のレビューはこちら。

Wacom One 13

やっぱりワコム製の描き味は最高です。

 

XP-Pen Artist 15.6 Pro

コストパフォーマンスは最高だと思います。評判もいいです。

 

アナログでいい人

アナログのあの生の感覚というのが忘れられない作品を形として残したいという人は紙に描くアナログ環境でいいと思います。

デジタルに出力したい、残したい人はスキャナで絵を取り込みマウスで作業というのもありだと思います。

例えば漫画制作だと線は紙とペンのアナログで、スキャナで線画を取り込みソフトを使ってデジタルでベタ(黒く塗りつぶす)、トーンを張るとなります。

 

まとめ

よくネットなどで液タブは「紙に描くように」というような表現がありますが、そう聞くと「液タブ=紙」というイメージを持ってしまいます。

でも、液タブで描く感覚と、紙に描く感覚にはかなり大きな差があるため板タブ液タブアナログ(紙)と分けて自分に合った制作方法を考える必要があると思います。

それぞれどの方法がが優れているというわけではありませんがざっくり向いている方法を分けると、安く、省スペースでデジタル環境を導入したい人は板タブ線を引くことが多く直感的な感覚で作業したい人は液タブ生の感覚で作品を作っていきたい人はアナログという感じでいいと思います。

どの方法にも相応の良い所、悪い所があるのでどの方法にするか悩んでいる人は自分の求めるものを中心に考え選ぶといいんじゃないでしょうか。

 

アマゾンプライム無料体験 プライムだけのお得な特典が豊富!

 

ペンタブ関連記事

二千年春

幼少のころからゲームに触れてきた世代で総プレイ本数は500本以上。ファミコン以降の遊んだゲームはほぼクリアしていて基本積みゲーはしない派。新しいゲームを遊びたい人間だがおじさんらしく昔のドラクエやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGも好き。

二千年春をフォローする
ペンタブ
スポンサーリンク
シェアする
二千年春をフォローする
遊ディテクティブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました