魔界塔士サガ、サガ2秘宝伝説 、時空の覇者サガ3感想【ゲームボーイ初期3作】

スポンサーリンク
サガ初期3作感想ゲーム
スポンサーリンク

他のRPGにはない独自の戦闘システムと高難度が特徴のサガシリーズ。

今回はサガシリーズ原点といえるサガ初期3部作の感想をゲームボーイのソフトという事もありボリュームは少なめなので3本まとめて書いていきます。

3作まとめた移植版「サガコレクション」も出ているのでよかったら参考にしていただけたらと思います。

  

※3作すべてクリア済み、ネタバレなしです。

 

ジャンルRPG
対応機種ゲームボーイ(サガ1~3を収録したサガコレクションがスイッチ、スマホ、スチームで発売)
メーカースクウェア(現スクウェア・エニックス)
発売日魔界塔士サガ 1989年12月15日
サガ2秘宝伝説 1990年12月14日
時空の覇者サガ3 1991年12月13日
プレイ時間(クリア)めやす魔界塔士サガ 10時間ほど
サガ2秘宝伝説 15時間ほど
時空の覇者サガ3 20時間ほど

 

スポンサーリンク

魔界塔士サガ感想

魔界塔士サガは成長システムがレベル制ではなくさらに3種の種族で成長方法が異なるのが特徴。

人間はアイテム、エスパーは戦闘後の突然変異、モンスターは倒した後に落とす肉(ガイコツ系の敵でも肉(笑))を食べることで別のモンスターに変化します。

肉を食べることで別のモンスターに変化するというのが特に面白くてお気に入りでした。ギャンブル性もあるし法則的なものを見つけるのも楽しいです。

武器に使用回数があるのも特徴でそこは少しやっかいに感じました。

 

自由度のあるキャラ育成も楽しいですが世界観も独特でいろんな世界がごちゃ混ぜになった感じ。テキストもサガ生みの親の河津氏的な短くインパクトのあるセリフが印象に残りました。

グラフィックもゲームボーイにしてはいい感じで敵モンスターのデザインも魅力があると思います。

音楽はサガといえば伊藤賢治氏ですが、魔界塔士サガはFFの植松伸夫氏の担当植松さんらしいしっとりした曲もあり、かなりクオリティが高く印象に残ります。特に街の曲なんかいいですね。

 

個人的には欠点といえるようなものはなく、あえて言うのならゲームボーイのソフトなので仕方ないのですがボリュームがないという所でしょうか。

 

バグが多いという事ですが個人的には遭遇したという事はなかったです。(気づいてないだけ?)

ラスボスに関する裏技は愉快でした。

 

サガ2秘宝伝説感想

前作、魔界塔士サガのパワーアップバージョンといえるサガ2秘宝伝説

キャラの成長システムは結構変化し人間、エスパーは以降のサガシリーズのゲームのように使った武器によって上がるステータスが変わります。(力系の武器なら力が上がる)あと、新種族のメカが加わり、メカはアイテム装備で強くなります。

 

サガらしいシステムに進化して自由度の高いキャラ育成は楽しいし、やっぱりモンスターの肉で別モンスターに変身というのは面白いです。すごく強くなることもあれば逆に弱くなるというのがギャンブル的で楽しく夢中になりました。

メカもアイテムで手軽に強くできるというのは斬新で面白かったです。

 

グラフィックはゲームボーイにしては豪華な感じで敵モンスターのグラフィックは結構迫力があります。その他の部分も確実にパワーアップしていて前作より緻密になっている感じです。

 

音楽は植松伸夫氏サガではおなじみ伊藤賢治氏が今作から担当。伊藤氏らしい情熱的というかこぶしの効いた感じの戦闘曲が熱くボス敵の強さと相まってかなり燃えるバトルが堪能できました。

ストーリーも親子の物語を描いていてアツい感じです。

 

前作から正統進化したという感じで特に欠点という所はない感じ。難易度は少し高めに感じました。

ボリュームも前作より少し多くなっています。

 

時空の覇者サガ3感想

スクウェア大阪開発部の開発でサガ生みの親、河津秋敏氏が関わっていないせいか随分オーソドックスなRPGとなりレベルアップ制に変更した時空の覇者サガ3。新たに獣人、サイボーグと種族の種類が増えました。

レベル制という事でサガらしくないと随分批判が多いようですが、僕としてはプレイしやすく全く気になりませんでした。モンスターの肉で変身システムも継続しているし前二作の特徴は残っています。普通にサガとして楽しめました。

武器の使用回数制がなくなったのも遊びやすく感じました。

 

グラフィックはサガ2と比べあまり進化した感じはありませんがゲームボーイのソフトとしてはクオリティは高いと思います。

ストーリーもタイムトラベルを題材にしているので個人的には好み。

 

作曲に前作担当の植松、伊藤両氏は関わっていませんがルドラの秘宝の笹井隆司氏なので前二作より劣った感じはせず、サガに合った良曲が多いです。

 

世間的にはサガとしては評価の低いサガ3ですが逆に言えばプレイしやすいという事なので個人的には好印象なゲームでした。

このゲームが合わない人はDSのリメイク版が河津秋敏氏が指揮しサガらしいゲームになっているので遊んでみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

まとめ

サガ1は種族で成長方法が異なる、サガ2はサガシリーズおなじみの使った武器の種類によって上がるステータスが違うなど独自のシステムが楽しいし、ストーリーや世界観、音楽も独特で熱いので文句なく楽しめました。

サガ3はオーソドックスにレベル制になりプレイしやすくストーリー、音楽ともにRPGとして普通によくできています。

3作ともこれといった欠点は感じられなかったし携帯機のゲームらしくサクッと遊べる感じでした。

 

DSで出たリメイク版も3作プレイしましたが個人的にはやはり原作のゲームボーイ版が味があって好きです。リメイクでは3Ⅾですがやはりサガ初期3部作はドット絵が似合うと思います。

 

久しぶりにサガ初期3部作を思い返してみましたがとサガスカまでみる現在のサガまでその精神はしっかり受け継がれているなぁと思いました。

サガの最新作も出してくれるようですし、こりゃ期待しかないです。



あべる戦士

昔のドラクエ、ファイナルファンタジーやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGを遊んで青春時代を過ごしてきたRPG好きのおじさん。

受賞、編集付き経験なしのへたっぴ漫画描きでもある。

秋の味覚といえば栗。和スイーツ、栗大福がいちおし!

あべる戦士をフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
あべる戦士をフォローする
ユウナカ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました