ロマンシングサガ3HDリマスターの感想(スチーム版) スーパーファミコン版との変更点も

スポンサーリンク
ロマサガ3リマスター感想ゲーム
スポンサーリンク

20年以上前ににプレイしたスーパーファミコン版のロマサガ3がHDリマスターされ2019年11月11日発売。最近ひさびさにプレイしクリアしたので感想を書きます。

さすがにロマサガ3はロマサガシリーズで一番完成度が高いので今やっても楽しく遊べました。

さらに詳しく感想を書いていくのでよければ購入検討時の参考にでもどうぞ。ネタバレは無しです。

 

主人公はサラを選び追加ダンジョンもクリアしました。攻略サイトなどは参考にせず自力クリアです。

 

ジャンルRPG
対応機種スイッチ、PS4、スマホ、スチームなどのPCまで全機種対応
メーカースクウェア・エニックス
発売日2019年11月11日
プレイ時間(クリア)めやす30時間ほど(フリーシナリオなのでプレイの仕方で変わる)
特徴・背景のグラフィックが高解像度で描き直し
・ボスのキャラはアニメーションあり
・ダンジョンなど追加あり
ダウンロード専売(解説書は公式サイトにあり)
『ロマンシング サガ3』HDリマスター版トレーラー

 

スポンサーリンク

スーパーファミコン版からの主な変更点

  • 追加ダンジョン
  • イベント追加
  • つよくてニューゲーム
  • HD画質に合わせ背景は新たに描き直し
  • ボスのキャラはアニメーション
  • フォントが精細に
  • 冒険記(冒険した記録をテキストで振り返れる)
  • メニューのアイテム表示が8個から4個に
  • 戦闘時の技エフェクト(一部?)
  • おそらく新曲が追加された

分かったもので上記のもの。他にも何かあるかもしれません。

曲は確認していないのではっきりしていませんが明らかに昔の伊藤賢治さんの曲と違いサガスカっぽいのでおそらく新曲のように感じます。

 

ロマンシングサガ3HDリマスターの感想

大筋のストーリーはあるがかなり自由に動ける

大筋の物語や設定はしっかりある感じですがあまり多く語られることはなく自由な冒険をさまたげることはないです。序盤のイベントを終えるとかなり自由に動け自分の好きな場所に行き自分の気に入ったキャラを仲間にしてフリーシナリオの醍醐味をすぐに味わえました。

基本的には小さなストーリーを積み重ねてすすめていくので断片的になりがちですが、練られた一本のストーリーを楽しむのとは違った自分だけの物語を作っている感じがしていいです。

セリフも最小限だけどサガらしく印象深く特徴的。フリーシナリオで周回プレイが前提なので短くテンポよく進むセリフなのかもしれません。

こういう昔のRPGながらの余白があり想像で自由に補完できるというのは容量が大きくなって表現される部分の多い今のゲームにはあまりないプレイ感覚です。

 

ストーリーがある所で少し補足されているのでいいのですがそれ目当てに買うのにはちょっと量が少ないかも。サガシリーズ生みの親の総合ディレクター、河津秋敏氏が書いたそうです。

新機能の「冒険記」は攻略のヒントにもなるので便利でした。

 

キャラドット絵ともなじんだ美しい背景グラフィック

HDリマスター化にあたって背景のグラフィックはすべて描き直しに。

ロマサガ2HDリマスターでも背景がきれいになったのはいいのですが若干きれいになりすぎたせいかドットのキャラグラフィックとあまり調和せずしっくりこない感じが個人的にしていましたが、このロマサガ3HDリマスターでは背景グラフィックが程よくドット感があるというかうまくキャラと調和していて満足できました。

フォトリアルの3Ⅾグラフィックが主流の時代でも十分に美しいと感じられます。2Dグラフィックの味わいはどんな時代になっても魅力的なんだと改めて実感しました。

オープニングの馬で走るモニカの演出もよかったです。

 

キャラのグラフィックは基本的にはスーパーファミコン版準拠だと思います。やっぱりチョコチョコ動くドットキャラはかわいくていいなと。

戦闘時の技エフェクトも結構変わっているようで違和感なくきれいで迫力あるものになっていて良かったです。

ボスモンスターはアニメで動きますが個人的にはそんなにいらなかったかも。スマホのゲームなど今は動くのが当たり前の時代だしHDリマスターによって画面が広くなりモンスターが相対的に小さく見えるので迫力を出すためにもしょうがないかもしれませんが作る方は大変だっただろうなと思います。

僕なんかはオープニングに出てくる巨人のモンスターみたいな感じで十分だと思いますけど。とりあえずメーカーの努力には感謝です。

 

システムはスーパーファミコン版と大きな違いはない

システムは基本的に変更はなく原作のままのプレイ感で遊べます。

メニューのアイテム表示などが8つから4つになるなど細かな点のみ。難易度もそのままの感じでした。

マスコンバット、会社経営、王座イベントのミニゲームも原作そのままで今回主人公はサラにしあまりやらなかったので周回プレイ時にまたやるかという感じです。

 

ロマサガ3の特徴的なシステムといえば主人公をメンバーから下げてできるコマンダーモードですがスーパーファミコン版の時はほぼ使ったっ事がなかったので今回リマスター版で使ってみました。

使ってみると意外と快適で陣形技をひらめくのもなかなかの快感でした。でも強さはそこそこで単発で攻撃した方がいい時も。戦闘中に戦況に応じて陣形を変えていけるのが面白いと思います。HPが少なくなったら攻撃的な陣形から守りの陣形にという事もできるので指揮官気分を味わえました。

AIはスーパーファミコン版と同じで結構賢い感じです。

 

少し不満だったのは武器の種類によって格差がある感じで剣は強いのですが小剣はちょっと不遇という感じに。

やり方によって強くできるのかもしれませんが普通にプレイしていたらあまり活躍できる機会は無さそう。あまり強さを平均化してはつまらないですがちょっと極端な気もしました。術が弱いのも術好きには残念な感じです。

 

音楽もスーパーファミコン版を準拠

音楽も原作を活かしたもので変にアレンジしていため個人的には良かったです。やっぱりスーパーファミコン音源が好きだしHDリマスターのグラフィックにもちゃんとあっています。

久しぶりにイトケンサウンドを聴きましたがやっぱり戦闘曲はカッコよく何度聞いても飽きないですね。でも伊藤賢治氏は戦闘曲よりも町の曲などが得意らしく確かにポドールイの街はヴァンパイアの王が治める国らしい感じがよく出ているなぁと。

とにかく街、ダンジョン、戦闘曲ともども良曲ぞろいです。

 

まとめ

結果として期待通りの僕としては原作のスーパーファミコン版をうまく生かした理想的なHDリマスターで久々のロマサガ3を楽しめました。

特に描き直された背景のグラフィックは美しいうえに昔のドットキャラ絵とも馴染んでいて違和感がないです。

ストーリー、音楽、システム共にスーパーファミコン版を変にいじることなく原作準拠で満足できました。

新機能の「冒険記」も役に立ちました。

 

この感じでラスト、ロマンシングサガをHDリマスターしてくれたら言うことなしですね。個人的にはやってくれると期待しています。



二千年 冬

幼少のころからゲームに触れてきた世代で、昔のドラクエ、ファイナルファンタジーやスクウェア黄金時代のドット絵、カクカクポリゴンのRPGが好きなおじさん。

下手な漫画描き。クリスタとCintiq16使用。
甘党のスイーツ好きでいちおしはファミマのダブルクリームサンド。

二千年 冬をフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
シェアする
二千年 冬をフォローする
ユウナカ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました